「あやらぎ」とは?

言葉 詳細
綾羅木

概要 (Wikipediaから引用)

綾羅木駅(あやらぎえき)は、山口県下関市綾羅木本町二丁目にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)山陰本線の駅。 付近は住宅が多く、乗降客も多い。 1914年(大正3年)4月22日 - 長州鉄道の駅として開業。旅客営業のみ。 1925年(大正14年)6月1日 - 長州鉄道線幡生以北の国有化により、国有鉄道小串線の駅となる。 1933年(昭和8年)2月24日 - 小串線が山陰本線に編入され、山陰本線所属駅に変更。 1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化により、西日本旅客鉄道(JR西日本)の駅となる。 駅構造 下関方面に向かって右側に1面1線の単式ホームがある地上駅(停留所)。棒線駅のため、下関方面行きと小串方面行きの双方が同一ホームに発着する。駅舎をもつ有人駅であるが、下関地域鉄道部が管理しジェイアール西日本広島メンテックが駅業務を受託する業務委託駅である。時間帯によっては無人となる。出札窓口にはPOS端末を備える。 駅周辺 川中地区の住宅街の中にある。駅前から西方向(駅正面方向)に山口県道256号綾羅木停車場線が伸び、約100m先で国道191号と交わる。