「あらこ」とは?

言葉 詳細
荒子

概要 (Wikipediaから引用)

荒子川公園駅(あらこがわこうえんえき)は、愛知県名古屋市港区寛政町5丁目にある、名古屋臨海高速鉄道西名古屋港線(あおなみ線)の駅である。駅番号はAN08。 2004年(平成16年) 9月20日 - 沿線区住民対象の試乗会にて公開。 9月25日 - 名古屋市民対象の試乗会にて公開。 10月6日 - 開業。 駅構造 相対式ホーム2面2線を有する高架駅。1番・2番線のホームに安全対策として可動式ホーム柵を設置。バリアフリーの対応として1番・2番線ともにエレベーターを各1基配置。 一部の時間帯のみ駅員のいる巡回駅であり、中島駅が当駅を管理している。 のりば 利用状況 2013年度の乗車人員は1,067,190人、同年度の1日平均乗車人員は2,924人である。あおなみ線では名古屋駅に次ぐ第2位である。 市バスが本数が少ないため自転車での利用者が多いが、現行の有料駐輪場の駐輪台数ではカバーできない状況が続いている。

荒古

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

アラコ

概要 (Wikipediaから引用)

アラコ株式会社は、かつて存在したコーチビルダー・部品メーカーである。トヨタ自動車株式会社の子会社であった。 2004年(平成16年)10月1日に吸収分割により、トヨタ車体株式会社に車体部門を譲渡後、同日に、内装部門と豊田紡織株式会社、タカニチ株式会社と合併し、消滅した。存続会社は豊田紡織株式会社であり、同日トヨタ紡織株式会社に社名を変更した。 なお2015年(平成27年)7月1日に、トヨタ紡織株式会社の子会社である株式会社KYOEIARACOが、アラコ株式会社に商号変更した。本稿では主に2004年に消滅した旧・アラコ株式会社について述べる。 沿革 旧・アラコ株式会社 1946年(昭和21年) 豊田自動織機製作所自動車部(現 トヨタ自動車)の板金職工であった荒川儀兵衛(あらかわぎべえ)が独立後、名古屋市南区に「荒川鈑金工業所」を設立、自動車車体の修理と部品の再生を始める 同年 豊田喜一郎のたっての願いでトヨペット・SA型の試作車のためのボディーを製作する 1947年(昭和22年) SA型の出来ばえが認められ、トヨタ自動車の助言を受け、法人組織、「荒川鈑金工業株式会社」となる 1949年(昭和24年) トヨタ自動車を中心に自動車の内装品の生産を開始 1955年(昭和30年) クラウンRS型の内装を手がける 1959年(昭和34年)9月 伊勢湾台風で工場が浸水被害に遭う 1960年(昭和35年) 寿工場操業開始 1961年(昭和36年) 吉原工場着工 同年6月 「荒川車体工業株式会社」へ社名変更 1962年(昭和37年) 吉原工場操業開始、ランドクルーザー 40系増産 1968年(昭和43年) 本社工場を名古屋市南区から豊田市吉原へ移転 1975年(昭和50年) ランドクルーザー BJ40型をベースに水陸両用車を開発 荒川儀兵衛自らが行った鞍ヶ池でのテストでは、水上走行には成功したものの、上陸時にロープがフックから外れ水没し、計画を断念する 1988年(昭和63年)7月 社名を「アラコ」に変更 1995年(平成7年) トヨタ・チーム・アラコ(TTAR)として、ランドクルーザー 80系でパリ・ダカールラリーに初出場。