「あらじ」とは?

言葉 詳細
新地

概要 (Wikipediaから引用)

新地(しんち)とは、居住地や商業地として新しく拓かれた土地のことを指す。 歴史的には、新地開拓後の繁栄策として遊郭などができたことも多かったことから、転じて遊郭や遊里の多い場所を指すこともある。 日本全国に「新地」を冠する地名がある。なお、新開地も新地と同義である。 「新地」を冠する主な地名 北海道檜山郡江差町字新地町。 北海道古平郡古平町大字新地町。 北海道天塩郡天塩町新地通。 青森県西津軽郡鰺ヶ沢町大字新地町。 岩手県花巻市東和町新地。 福島県相馬郡新地町。 千葉県銚子市新地町。 千葉県長生郡一宮町新地(あらち)。 二子新地駅(神奈川県川崎市高津区にある東急田園都市線の駅)。 岐阜県大垣市新地町。 愛知県知立市新地町。 愛知県田原市田原町南新地。 愛知県田原市吉胡町中新地。 三重県四日市市西新地。 三重県桑名市新地。 京都府京都市伏見区南新地。 大阪市北区曾根崎新地。一丁目界隈は「北新地」と呼ばれる。 大阪市西成区飛田新地。 奈良県磯城郡田原本町新地。 岡山県岡山市東区西大寺新地。 広島県安芸郡府中町新地。

在自

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

荒地

概要 (Wikipediaから引用)

荒地(あれち)は、雑草や潅木などが生い茂る不利用地。一般に水害や旱魃の被害を受けやすい、風が強く風害にさらされる、地すべり地帯である、土壌が極端に痩せているなどの理由で一般的な土地利用に適さない場所に多く見られるほか、開発計画が頓挫した結果放置されている土地も荒地である。 また、自然状態で充分な植物群落が発達しないような場所のことをこう呼ぶ場合もある。気候的に植物群落が成立しにくい砂漠やツンドラをこう呼ぶことは少ないが、気候的にはより穏やかな地域でも、塩害や土壌等の関係で植物群落が貧弱になる場合がある。たとえば石灰岩地域や蛇紋岩地域などである。 関連項目 ヒース - スコットランドやアイルランドの荒地 ムーア (地形) 悪地 - 悪地地形、バッドランドとも。マルパイスについても記述あり。 荒地植物 荒野 (ウクライナ)。