「あらせ」とは?

言葉 詳細
荒瀬

概要 (Wikipediaから引用)

荒瀬ダム(あらせダム)は、熊本県八代市坂本町葉木荒瀬、一級河川・球磨川水系球磨川に建設されたダムである。2012年9月1日に撤去工事が開始された。 終戦後の電力供給不足の中、電力安定供給の観点から「球磨川総合開発計画」に基づき計画、建設された。1953年(昭和28年)着工、1955年(昭和30年)竣工。 堤高25mの重力式コンクリートダムで、水力発電を目的に建設された。発電目的としては県内で最も古いダムであった。下流約700mには熊本県営藤本発電所があり、発電量は年間約7,400万Kw時で、1億円の収益を上げていた。 2010年からのダム本体撤去が決定しており、撤去に向けた工法、環境対策などの検討が「荒瀬ダム対策検討委員会」にて進められてきた。2008年6月、県知事から一転して存続の方針が打ち出されたが、2010年2月に再度撤去の方針が表明された。 地域興しの一環として漕艇場が整備され、日本漕艇協会公認コースとなった。国民体育大会の会場ともなった。また、1993年に、旧建設省が「魚が上りやすい川づくり推進モデル河川」として球磨川を指定したことにより、1999年に、観察室を併設する魚道が整備された。

有瀬

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

あらす

概要 (Wikipediaから引用)

あらすじ(粗筋)とは、小説、映画などの大まかな流れを文章にまとめたものである。梗概、すじ(筋)、プロット、アウトライン、シノプシスなどとも呼ばれる。また、一文にまで凝縮したものはログラインあるいはワンラインと呼ばれる。英語圏ではアドヴァタイジングスローガン(いわゆる煽り文句)の一種としてあらすじの中の特に序文のことをタグライン(英: Tagline)として扱われもする。 物語や考えなどを簡略化し、細部はともかくとして大体の流れを容易に把握できるようにした文章のことである。作品の全てを見るには、それなりの時間がかかるが、あらすじであれば短時間にかなり多くのことを把握できる。 作品そのものを見る予定ではあるけれども、作品の公開前に内容を多く知りたいといった要望に製作者等が応え、公式・非公式問わずあらすじが公開されることもある。 ただし、作品の全てのあらすじを事前に知ってしまうと、作品を楽しめないと主張する人もいるので、出版物や映画等の宣伝では、消費者の心をつかみ、購入させたり劇場などに足を運ばせるために、結末や重要な場面は省き、物語の最初の方だけのあらすじにとどめることもある。

荒す

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

あらせる

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

荒らす

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

荒らせる

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。