「あらや」とは?

言葉 詳細
新谷

概要 (Wikipediaから引用)

新谷 かおる(しんたに - 、本名:新谷 薫(読み同じ)、1951年4月26日 - )は、日本の男性漫画家、同人活動家。大阪府豊中市出身。大阪高等学校卒業。 妻は『緋の稜線』等の作品で知られる漫画家の佐伯かよの。 代表作に『エリア88』、『ふたり鷹』、『クレオパトラD.C.』、『砂の薔薇』など多数。 中学生から漫画を描いており、高校3年の時には篠原とおるのアシスタントを務めながら『少年キング』に投稿していた 。当初は飛行機の操縦士を目指していたが、色覚異常が確認され断念。高校卒業後は航空貨物関係の仕事を経て20才で上京し、本格的に漫画の道を志す。 1972年にりぼん漫画賞佳作入選。『りぼん増刊りぼんコミック秋の号』に掲載された「吸血鬼はおいや!?」でデビュー。大和和紀、山岸凉子のアシスタントを経験。 1973年に、同じく『りぼん』にて受賞歴のある佐伯かよのと結婚。1973年3月より松本零士のプロダクション「零時社」に入りアシスタントを2年半務める。零時社を出てから「半年程ブラブラして」描きためた原稿を『月刊プレイコミック』に持ち込み、そのまま1977年より戦場ロマン・シリーズの連載を開始した。

荒谷

概要 (Wikipediaから引用)

名前 荒谷 望誉 リングネーム 荒谷 望誉荒谷 信孝ジョニー・ダンあーちゃん 本名 荒谷 信考 ニックネーム 湘南酔虎伝平成の生傷男ダメおやじ 身長 185cm 体重 120kg 死亡日 出身地 神奈川県茅ヶ崎市 所属 全日本プロレス スポーツ歴 大相撲 トレーナー 天龍源一郎 デビュー 1992年7月26日 引退 2009年7月26日荒谷 望誉(あらや のぶたか、男性、1968年3月7日 - )は、神奈川県茅ヶ崎市出身で九重部屋所属の元大相撲力士、全日本プロレス所属の元プロレスラー。大相撲時代の四股名は荒谷 信孝(あらや のぶたか)、本名は荒谷 信孝(あらや のぶたか)。渕正信、菊タローと会場を暖める試合を展開している。哀愁を感じさせることができる貴重な存在。中学校卒業後すぐに大相撲の九重部屋に入門して、1983年3月場所に15歳で初土俵を踏む。序二段まで昇進したが、1985年7月場所限りで廃業してプロレスラーに転向する。1992年にオリエンタルプロレスに入門するが、団体の経営難に伴い、離脱した後レスリング・ユニオン傘下のIWA流山に移籍し、エースとして活動するが、こちらも経営難により離脱。

新屋

概要 (Wikipediaから引用)

『なるみ』より : なるみ(1972年7月8日 - )は、日本のタレント。本名、井上 鳴美(いのうえ なるみ)旧姓、新屋(しんや)。 大阪府四條畷市出身。吉本興業(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)大阪本社所属。血液型はA型。身長155cm。両親は鹿児島県出身。弟がいる。大阪府立野崎高等学校卒業。  愛称は「なるなる」。 1989年に、元相方のしずかと漫才コンビ・トゥナイトを結成。1999年しずかのアメリカ留学および芸能界引退によりコンビを解散した後は、愛嬌と毒舌を兼ね備えた典型的な大阪のオバハン系タレントとして、主に関西ローカルのテレビ・ラジオ番組で活躍している。 しずか(当時の本名は宇野志津香)とは小学校時代からの同級生で、共通の友達から毎日放送の『4時ですよーだ』のオーディションに誘われ3人で出場する予定だったがその友達がキャンセルし、仕方なく2人で出場、高校在学中にNSCに入学しNSC7期生となる。

粕谷

概要 (Wikipediaから引用)

粕谷 秀樹(かすや ひでき 1958年3月25日 - )は日本の雑誌編集者、サッカージャーナリスト。東京都出身。 「週刊サッカーダイジェスト」副編集長、「ワールドサッカーダイジェスト」(WSD)初代編集長・スーパーバイザーを経て、2001年日本スポーツ企画出版社を退社。翌2002年にはかつてのライバル誌であった「週刊サッカーマガジン」・「ワールドサッカーマガジン」(ベースボール・マガジン社)のテクニカルアドバイザーに就任。2006年までは「粕谷秀樹責任編集」と銘打ったムック本を出版していた。 また、WSD編集長時代から海外サッカーの解説者としても活躍。かつてはジャンルカ・トト・富樫(富樫洋一)と共にスカパー!のセリエA中継のブレーンであったが、 2011年現在は自らの得意分野であるプレミアリーグと、UEFAチャンピオンズリーグのみを担当している。 2006年11月よりスポニチ運営のスポニチワールドサッカープラスにてブログを執筆している。 サッカー専門新聞「エル・ゴラッソ」の"あの解説者なら満足!「TV解説者」ランキング"(2005年11月9日発売)では、風間八宏の471票に次いで228票で2位にランクされている。

荒屋

概要 (Wikipediaから引用)

荒屋新町駅(あらやしんまちえき)は、岩手県八幡平市荒屋新町にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)花輪線の駅である。 八幡平市の北部、安代地区(旧・岩手郡安代町)の中心となる駅である。 1927年(昭和2年)10月30日 - 国鉄の駅として二戸郡荒沢村に開業。盛岡機関庫荒屋新町駐泊所を設置。 1951年(昭和26年)4月1日 - 構内に盛岡客貨車区荒屋新町派出所を設置。 1956年(昭和31年)3月15日 - 盛岡客貨車区荒屋新町派出所廃止。 1961年(昭和36年)2月15日 - 花輪線を統括する花輪線管理所を当駅に設置。 1969年(昭和44年)2月10日 - 花輪線管理所廃止、盛岡機関区荒屋新町支区設置(のち廃止)。 1973年(昭和48年)3月31日 - 貨物取扱廃止。 1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化により東日本旅客鉄道の駅となる。 1999年(平成11年)12月4日 - 荒屋新町駅長が廃止され、大更駅長管理の業務委託駅となる。