「あららぎ」とは?

言葉 詳細

概要 (Wikipediaから引用)

『東洋ラン』より : ラン科(蘭科、Orchidaceae)は、単子葉植物の科のひとつで、その多くが美しく、独特の形の花を咲かせる。世界に700属以上15000種、日本に75属230種がある。鑑賞価値の高いものが多く、栽培や品種改良が進められている。他方、採取のために絶滅に瀕している種も少なくない。 ラン科の種はラン(蘭)と総称される。英語では「Orchid(オーキッド)」で、ギリシア語の睾丸を意味する「ορχις (orchis)」が語源であるが、これはランの塊茎(バルブ)が睾丸に似ていることに由来する。 南極をのぞくすべての大陸の熱帯から亜寒帯に自生する。被子植物の中では最も後に地球上に現れた植物である。被子植物の中で、もっとも種数の多い科となっている。 植物体は偽鱗茎(バルブ)を持つものなど独特の部分が多く、また、花は左右対称で、虫媒花の中では特異なほど効率の良い花形を発達させ、特定の昆虫との共進化を見せるものも知られている。

概要 (Wikipediaから引用)

塔(とう)とは、接地面積に比較して著しく高い構造物のことである。 西洋建築の世界では、見張り台というような軍事的目的とともに、宗教的な意味を持つ建造物を指す。 日本では江戸時代まで仏教の構造物のみを指して使用されていた。 五重塔や多宝塔などがそれであり、仏教用語であった。 しかし、明治以降は西洋建築物、すなわち英語で言うところの tower の概念も「塔」に含むようになった。 したがって、現在の日本語の「塔」は、様々な比較的高い構造物に対しても使用され、言葉の用法に厳密な定義が存在するわけではない。 語源 「塔」の語源 日本語の「塔」の語源はサンスクリット(梵語)の स्तूप (stūpa、ストゥーパ、(意:heap、…を積み上げる、蓄積する))に求められる。 この語は古代インドにおいて、饅頭型に盛り上げた土の塚のことをも指すようになっていたが、仏教には今日で言うところの「卒塔婆」の意味で採り入れられた。

アララギ

概要 (Wikipediaから引用)

『アララギ』は日本の短歌結社誌。1908年(明治41年)に伊藤左千夫を中心に『阿羅々木』として創刊。翌年『アララギ』と改題され、正岡子規門下の歌人らが集まった根岸短歌会の機関誌となった。 1997年12月廃刊。これを不満とした同人たちの手により『新アララギ』『短歌21世紀』『青南』『アララギ派』の四派に分かれ新創刊され、それぞれ後継結社を名乗った。 主な歌人 石原純 伊藤左千夫(馬酔木創刊) 鹿児島寿蔵 古泉千樫(アララギ退会) 五味保義 近藤芳美(未来創刊) 斎藤茂吉 佐藤佐太郎(歩道創刊) 島木赤彦(比牟呂創刊) 清水房雄 釈迢空(アララギ退会) 高安国世(塔創刊) 土屋文明 長塚節 原阿佐緒 宮地伸一 結城哀草果 蕨真一郎 平福百穂 岡麓 細谷雄二 アララギ派・アララギ系 子規の短歌論を信奉し『アララギ』に拠った歌人たちをアララギ派と称する。

あららぎ

概要 (Wikipediaから引用)

あららぎ高原スキー場(あららぎこうげんスキーじょう)は、長野県下伊那郡阿智村(旧浪合村)にあるスキー場。 コース 2基のリフトが設置され、ナイター設備も備えている。 アクセス 中央自動車道:園原IC(名古屋方面のみ)、飯田IC 関連項目 日本のスキー場一覧 外部リンク あららぎ高原スキー場。