「あれくさんどりあ」とは?

言葉 詳細
アレクサンドリア

概要 (Wikipediaから引用)

アレクサンドリア(”Alexandria”)は、カイロ (エジプト) カイロに次ぐエジプト第2の都市である。現地語であるアラビア語では「アレクサンドロス(アラビア語でイスカンダル)の町」を意味するアル=イスカンダリーヤ(الاسكندرية al-Iskandarīya)という。マケドニア王国 マケドニア王アレクサンドロス3世 アレクサンドロス大王が、その遠征行の途上で、オリエントの各地に自分の名を付けて建設したギリシア風の都市の第1号である。「地中海の花嫁」とも呼ばれる港町アレクサンドリアは、猥雑でアラブ色が濃く香辛料の臭いが漂ってくるような典型的なイスラム都市カイロとは大きく異なった雰囲気をもっており、街中には英語の看板も多く、大きなサッカー場もある。歴史的経緯からか、多くの文化的な要素を合わせ持ち、イスラーム圏の国、アラブの国であるとは思えないような独特かつ開放的でコスモポリタン、そこはかとない欧米的な雰囲気が漂う国際観光・商業都市である。国際機関も置かれ、世界保健機関の東地中海方面本部がある。