「あれるぎ」とは?

言葉 詳細
アレルギ

概要 (Wikipediaから引用)

アレルギー性紫斑病(アレルギーせいしはんびょう)とは、アレルギー性機序により血管が障害を受け、四肢末梢の紫斑を主としたさまざまな症状を呈する疾患である。好発年齢は4〜7歳であり、男女差はみられない。 別名として、「アナフィラクトイド紫斑病」「血管性紫斑病」「IgA血管炎」「シェーンライン・ヘノッホ紫斑病」(Schönlein-Henoch -)等がある。 原因 詳細な原因は不明ながら、種々のウイルス感染症や細菌感染症に続発することが多い。特に、A群β溶血性連鎖球菌(GAS)感染症に続発するものはよく知られており、上気道感染が先行することがある。また、薬剤や食物などとの関連が示唆されることもある。 病態生理 免疫応答の異常が強く推察されている。特にIgA抗体の高値やIgA免疫複合体の検出などが報告されており、発症にIgAの免疫複合体が関与していることが疑われる。組織学的には糸球体血管壁にIgA、補体C3の沈着、皮膚毛細血管では好中球浸潤が見られ、紫斑部位では好中球破砕性血管炎が特徴的である。