「あろはしゃつ」とは?

言葉 詳細
アロハシャツ

概要 (Wikipediaから引用)

アロハシャツ (Aloha shirt) とは、パイナップルやフラを踊る女性などのトロピカルなモチーフや、金魚、虎などのオリエンタルなモチーフ(和柄と呼ぶ)を華やかでカラフルな色彩で染め上げた、シルクやレーヨン、ポリエステル、綿などの生地を用いて作られる開襟シャツ。 "Aloha (アロハ)"とはハワイ語で「好意」、「愛情」、「慈悲」、「優しい気持ち」、「思いやり」、「挨拶」などの意味がある。 「アロハシャツ」の呼称が商標登録されていた(後述)ために、一般名詞として「ハワイアンシャツ」と呼ぶこともある。1930年代中頃からリゾート地として急速な発展を始めたハワイで、リゾートウェアあるいはハワイみやげとして作られるようになった。 起源 起源については諸説あるが、日本の和服から派生したという説が有力である。 19世紀終盤から20世紀初頭、シュガープラント・農業に従事していた日本移民は、パラカ(ヨーロッパの船員たちが着ていた開襟シャツ)が日本の木綿絣に似ていることから好んで愛用しており、持参品であった着物を再利用する際にパラカ風に仕立て直したのが起源と言われている。