「あわだに」とは?

言葉 詳細
粟谷

概要 (Wikipediaから引用)

粟谷 菊生(あわや きくお、1922年(大正11年)10月31日 - 2006年(平成18年)10月11日)はシテ方喜多流の能楽師。重要無形文化財各個指定保持者(人間国宝)。日本芸術院会員。社団法人日本能楽会会長。1922年、粟谷益二郎の次男として東京都で生まれる。名付け親は喜多実。兄に粟谷新太郎。弟に粟谷辰三・粟谷幸雄。息子に粟谷明生。父および喜多流十五世・喜多実、十四世・喜多六平太能心に師事。喜多実の厳正重厚さと六平太の絢爛自在さをあわせもつといわれ、羽衣・安宅・景清など幅広い演目を得意とした。謡の表現力にも定評があり、シテを引退した後も地頭として活躍。大阪大学に能楽研究会を設立し死去まで30年以上指導を続けるなど能楽の普及にも力を注いだ。芸術祭 (文化庁) 芸術祭奨励賞・芸術祭優秀賞・観世寿夫記念法政大学能楽賞・日本芸術院賞受賞。1996年人間国宝、2003年日本芸術院会員。2006年10月11日に心不全のため83歳にて死去。叙・正五位、授・旭日中綬章。戒名は玄能院妙謡菊生居士。