「あんき」とは?

言葉 詳細
安気

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

安徽

概要 (Wikipediaから引用)

安徽省(あんきしょう、アンホイしょう、中国語:安徽省、拼音:Ānhuī Shěng、英語:Anhui)は、中華人民共和国の省。名称は安慶の安、徽州(現黄山市)の徽による。省都は合肥市。略称は皖。 地理 華東東北部に位置する内陸省である。省南部は長江、省北部は淮河が貫流し、昔から江淮の間と呼ばれる平原地帯であった。省中央部に巣湖が浮かぶ。また南部では長江の右支流・青弋江が流れている。 北東部は江蘇省、南東部は浙江省、南部は江西省、西南部は湖北省、西北部は河南省と接する。 1667年(康熙6年)、清朝が江南省を分割し安徽省及び江蘇省を設置したのが初めである。安徽の名称は管轄する安慶、徽州、寧国、池州、太平、廬州、鳳陽の7府及び滁州、和州、広州(徳州とも)の3州を管轄した江南左布政使司が文書で「安徽寧池太廬鳳滁和広等処承宣布政使司」の名称を使用したのが初見であり、その後「安徽布政使司」と改称、ついに安州と徽州の2州の名称より「安徽」という行政区画名が誕生した。

安危

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

暗鬼

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

諳記

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

暗記

概要 (Wikipediaから引用)

暗記(あんき)とは、書いてある文章を見ないで口に出して言えるようにするために覚えること。記憶法の一種である。 一般にさまざまな意味で用いられる。 暗記という言葉の用法を大まかに分類すると、理解の伴う記憶とほぼ同じ意味を表す場合、サヴァン症候群のように理解の伴わない記憶を表す場合(丸暗記)の2通りある。 暗記法 カードなどによる暗記 小型のカード(暗記カード・単語カード)による暗記。英単語の暗記などに用いられる。カードの表と裏にスペルと意味を別々に書いて記憶する。近年では電子式の単語カードも登場した。 語呂合わせによる暗記 語呂合わせは数字を記憶するために使われることが多い。年号などの暗記によく使われる。 ペンとシートによる暗記 赤や緑などのチェック用のペンやマーカー、専用テープなどで暗記したい部分に色を付け、赤や緑のシートを用いて暗記したい部分を隠しながら暗記する。