「あんもにうむ」とは?

言葉 詳細
アンモニウム

概要 (Wikipediaから引用)

『』より : アンモニウム(Ammonium)は、化学式NH4+の分子イオンである。 アンモニア(NH3)のプロトン化によって形成される。 アンモニウムは、陽電荷を持った、またはプロトン化置換基を持つアミンや、1つ以上の水素原子が有機ラジカル基に置き換わった第四級アンモニウムカチオン(NR4+)に対する一般名でもある。 酸塩基の性質 アンモニウムは、弱塩基であるアンモニアがブレンステッド酸(プロトンドナー)と反応して形成される。 H+ + NH3 → NH4+4+の酸解離定数(pka)は、9.25である。 アンモニウムイオンは弱酸性で、ブレンステッド塩基と反応して無電荷のアンモニア分子に戻る。 NH4+ + B− → HB + NH3従って、アンモニウム塩の濃溶液を強塩基で処理するとアンモニアを生じる。アンモニアが水に溶けると、そのうち少量がアンモニウムイオンに変わる。 H3O+ + NH3 15px H2O + NH4+アンモニアがアンモニウムイオンを形成する割合は、溶液のpHに依存する。