「い」とは?

言葉 詳細

概要 (Wikipediaから引用)

医薬品一覧。(局)は薬局方#日本薬局方 日本薬局方に収載されているものを表す。 アドレナリン受容体刺激薬 アドレナリン(エピネフリン)(局) ノルアドレナリン(ノルエピネフリン)(局) ドパミン(塩酸塩)(局) フェニレフリン(塩酸塩)(局) エチレフリン(塩酸塩)(局) エフェドリン(塩酸塩)(局) メチルエフェドリン(塩酸塩)(局) クロニジン(塩酸塩)(局) メチルドパ(局) グアナベンズ(酢酸塩)(局) グアンファシン(塩酸塩) イソプレナリン(塩酸塩)(局) メトキシフェナミン(塩酸塩) オルシプレナリン(硫酸塩)(局) クロルプレナリン(塩酸塩) トリメトキノール(塩酸塩)

概要 (Wikipediaから引用)

位取り記数法(くらいどりきすうほう)、もしくは「N 進法」とは数の表現方法の一種で、予め定められたN 種類の記号(数字)を列べることによって数を表す方法である。(位取りのことを桁ともいう。) 今日の日本において通常使われているのは、 N が十のケースである十進法であるが、コンピューターでは二進法、八進法、十六進法なども用いられる。また歴史的には、十進法が世界的に広まったのはフランス革命の革命政府がメートル法とともに十進法を定めて以来であり、それ以前は国や分野により、様々な N に対する N 進法が用いられていた。 本項ではN が自然数の場合を扱う。それ以外の場合については広義の記数法の記事を参照のこと。また 後述するp進数の概念とは(関連があるものの)別概念であるので注意が必要である。 今日の日本において最も身近な十進法を例に説明する。 十進法では、十個の数字と呼ばれる記号を用いる。 アラビア数字なら の十個であり、 漢数字なら の十個である。以下、アラビア数字を例に説明するが、漢数字の場合も同様である。

概要 (Wikipediaから引用)

『鉄道駅』より : 日本の鉄道駅(にほんのてつどうえき)は、日本における鉄道の駅について記述する。 日本では駅員が配置されている鉄道駅については乗車券等や入場券を持たないと乗降場に立ち入ることができないようになっているのが一般的である。駅員が乗車券を検査・回収する出入口を改札口と呼ぶ。現在では都市部を中心に、乗車券の自動販売機(自動券売機)や自動改札機が多く用いられている。 また、かつて日本の日本国有鉄道(国鉄)には仮乗降場という施設が存在し旅客の乗降を扱っていたが、こちらは正規の鉄道駅ではなく地方管理局の権限で設けられた乗降のための施設で、主に北海道内に設置されていた。仮乗降場は1987年の国鉄分割民営化までに所属する路線そのものの廃止や正式な駅への格上げによって姿を消した。 駅の分類 日本における扱う貨客や運営形態、構造などは、概ね以下のように分類される。以下は基本的に旧日本国有鉄道の定義に準拠する。 扱う対象による分類 = 一般駅 = 旅客と貨物の双方を扱う機能を有しているものを指す。

概要 (Wikipediaから引用)

李(り、すもも) スモモのこと。 漢姓のひとつ。中国人、朝鮮人、ベトナム人の姓。⇒ 李氏 朝鮮の姓については ⇒ 李 (朝鮮人の姓) 李 - 大相撲力士栃乃若導大の2009年9月場所までの呼び出し名。フルネームでの旧四股名は李大源(り でうぉん)。 李(すもも) - 広島県神石郡神石高原町の地名。 李村(すももむら) - 広島県神石郡にあった村。 関連項目 李朝(曖昧さ回避) すもも (曖昧さ回避) 李で始まる記事の一覧。

概要 (Wikipediaから引用)

飯(めし、いい、はん、まんま)とは、 イネ科の米、麦、あるいはキビ亜科の穀物に、水を加えて汁気が残らないように炊いた、あるいは蒸した食品のこと。本項で詳述する。 食事の別名、俗称。 「めし」は本来「召し上がる物」という意味であり、古に高貴な人の行動を直接「食ふ(食う)」と表現するのは憚られるので間接的に「召す」と表現したことに由来し、日本語に継続的に生じている「敬語のインフレーション」(初めは尊敬を込めた表現でも、長く使っているとありがたみが薄れて普通またはそれ以下の表現になる)という現象により、現在はややぞんざいな表現になった。丁寧語は「御飯」(ごはん)。幼児語は「まんま」。老人語は「まま」。現在では特に米を炊いた食品を指す言葉となっている。以下でも主に米を炊いた飯を中心に述べる。 人は生米等のβデンプンをほとんど消化できず、食べてもうまみを感じないが、炊飯の加水と加熱により、消化が良いαデンプンに変化(α化)した飯にはうまみを感じるようになる。

概要 (Wikipediaから引用)

『イタリア』より : イタリア共和国 Repubblica Italiana 国の標語:なし 国歌:マメーリの賛歌 イタリアの位置 イタリア共和国(イタリアきょうわこく, IPA: [iˈtaːlja] (13px 聞く), イタリア語: Repubblica Italiana)、通称イタリアは、ヨーロッパにおける単一国家、議会制共和国である。総面積は301,338km2で、イタリアではlo Stivale(ブーツ)と称される国土の形状により大部分は温帯に属する。人口は6,100万人でヨーロッパ第5位である。イタリアは非常に高度な先進国であり、ユーロ圏では第3位、世界では第8位の経済大国である。 古典古代以来、現在のイタリアに相当する地域には、エトルリア人、マグナ・グラエキア人及びその他文化が栄え、何世紀にもわたって西洋文明の主要な政治及び宗教の中心地、すなわちローマ帝国及びキリスト教の首都であり続けた古代ローマにより最終的に併合された。

概要 (Wikipediaから引用)

『将棋の戦法一覧』より : 将棋の戦法一覧(しょうぎのせんぽういちらん) 将棋の戦法は、「居飛車」と「振り飛車」の2つに大別される。また「急戦」か「持久戦」かによっても大きく異なる。 攻めによる分類と守り(囲い)による分類がある。居飛車の場合は、囲いによって大きく分かれ、攻めによって細かく分かれる。振り飛車の場合は、攻め(飛車の位置)と囲いはかなり独立している。 居飛車 居飛車(いびしゃ)は、将棋の二大戦法の一つ。序盤において、飛車を定位置の2筋(後手8筋)、またはその周辺の右翼に配置して戦うもの。この反対は振り飛車で、飛車を左翼へ展開する。 相居飛車 矢倉戦法 ▲3七銀戦法:加藤流、4六銀・3七桂型(有吉流)、脇システム、矢倉棒銀 その他:森下システム、早囲い、雀刺し、▲3八飛戦法、四手角、三手角 変化型:▲3五歩急戦、雁木、右玉、陽動振り飛車、無理矢理矢倉 急戦矢倉:米長流急戦矢倉(田丸流)、阿久津流急戦矢倉(中原流、郷田流、渡辺流)、矢倉中飛車、右四間飛車(腰掛け銀型)、△6二飛戦法、原始棒銀、カニカニ銀角換わり 腰掛け銀:相腰掛け銀、後手棒銀 その他:早繰り銀、棒銀、筋違い角、右玉相掛かり 相居飛車型:棒銀、塚田スペシャル、新旧対抗型、中原流早繰り銀、中原飛車(5六飛)、飛車先交換腰掛け銀・鎖鎌銀 変化型:ひねり飛車(縦歩取り)横歩取り 横歩取り△3三角型:空中戦法(内藤流)、中原流、中座飛車(横歩取り△8五飛) その他:横歩取り△3三桂、横歩取り△2三歩、横歩取り△4五角、相横歩取り 居飛車(対振り飛車) = 急戦 = 対四間飛車左銀急戦 山田定跡 4六銀左戦法 4五歩早仕掛け 鷺宮定跡 準急戦(▲3六銀型) その他の対四間飛車急戦 棒銀 4六銀右戦法 左美濃 右四間飛車 鳥刺し 対三間飛車急戦 4五歩早仕掛け 4六銀急戦 棒金(対石田流) 対中飛車急戦(角筋を止める中飛車に対して) 加藤流袖飛車 5七金戦法 対ゴキゲン中飛車急戦 超急戦(居飛車の5八金に中飛車が5五歩とする形。

概要 (Wikipediaから引用)

亥(い、がい)は十二支のひとつ。通常十二支の中で第12番目に数えられる。前は戌、次は子である。 亥年は、西暦年を12で割って3が余る年が亥の年となる。 亥の月は旧暦10月(概ね新暦11月) 亥の刻は午後10時を中心とする約2時間 亥の方は北西よりやや北寄り(北西微北:北基準右廻り330°)の方角である。 五行は水気 陰陽は陰である。「亥」は「閡({門

概要 (Wikipediaから引用)

『イグサ』より : イグサ(藺草、Juncus effusus L. var. decipens Buchen.)は、単子葉植物イグサ科の植物である。標準和名はイ(藺。「イグサ」を使うこともある)。最も短い標準和名としても知られている。別名:トウシンソウ(燈芯草)。畳表を作るのに使われる。俳句では夏の季語とされる。 湿地や浅い水中に生える植物で、泥に根を下ろす。植物の姿はちょっと変わったもので、先のとがった細い茎ばかりが束になったような姿をしている。ヤマアラシを頭から泥に突っ込んだようなものである。 実際にはこの針状のものは花茎に当たる。茎は地下茎となっており、泥の中で短く這う。多数の花茎を地上に伸ばす。葉はその基部を包む短い鞘状のものに退化しており、外見上はないように見える。花茎は円柱状で真っすぐに伸びる。緑色で表面にはつやがあり、すべすべしている。 花は花茎の途中から横に出ているように見える。これは花が出る部分までが花茎で、そこから先は花序の下から出る苞にあたる。この植物の場合、苞が花茎の延長であるかのように太さも伸びる方向も連続しているので、花序が横を向いているのである。

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

概要 (Wikipediaから引用)

胃(い、ラテン語: Stomachus:ストマクス、ドイツ語: Magen:マーゲン)は、消化器を構成する器官。 ヒトの胃 位置 消化管の中で、食道の次に続き、十二指腸につながる。 横隔膜の下に位置し、腹腔内に突出する。腹腔内に突出する臓器を腹腔臓器と言う。肝臓の左側に位置する。 体表からは胸骨下縁、みぞおちの辺りに当たる。ただし大きさ・位置に関しては個人差があり、胃が垂れ下がった胃下垂の状態になることもある。 構造 胃は消化管を成す管状の器官であり、入口と出口が狭く、途中がふくらんで袋状の構造になっている。全体の形状は死体と生体で大きく異なり、生体では多くの場合、鈎形である。 食道につながる部分を噴門部、十二指腸につながる部分を幽門部、それ以外の部位を胃体部と言う。全体が左側に弧状に湾曲しており、噴門から幽門までが大きくふくらんでいる左側を大彎(だいわん)、ふくらみが小さく逆に反った形になっている右側を小彎(しょうわん)と呼ぶ。

概要 (Wikipediaから引用)

『BLEACHの登場人物』より : BLEACHの登場人物(ブリーチのとうじょうじんぶつ)は、久保帯人の漫画『BLEACH』の登場人物について解説する。劇場版のオリジナルキャラクターについては劇場版BLEACH MEMORIES OF NOBODYを参照。 黒崎一護(くろさき いちご) - 声優:森田成一、松岡由貴(少年時代)、演:伊阪達也数ある斬魄刀の中でも非常に珍しい「常時解放型」の斬魄刀で、初めて解放して以来常に始解の状態を保っている。解放の掛け声は常時解放型ゆえ無し。 朽木ルキア(くちき るきあ) - 声優:折笠富美子、演:佐藤美貴::解放の掛け声は「舞え『袖白雪』(まえ『~』)」。::技「初の舞・月白(そめのまい・つきしろ)」刀で円を描いた場所の天地全てを凍らせる。

概要 (Wikipediaから引用)

異(い)は、漢姓のひとつ。 中国の姓 著名な人物 朝鮮の姓 異(い、イ、朝: 이 )は、朝鮮人の姓の一つである。2000年の国勢調査による韓国内での人口は李、伊、異合わせて6,796,227人。 著名な人物 氏族 関連項目 朝鮮人の姓の一覧 異で始まる記事の一覧。

概要 (Wikipediaから引用)

『威風堂々』(いふうどうどう、英語: Pomp and Circumstance )作品39は、イギリスの作曲家エドワード・エルガーが作曲した管弦楽のための行進曲集。エルガーが完成させたのは5曲であるが、21世紀初頭に未完の第6番が補筆完成されて新たに加えられた。 行進曲集の概要 エルガーが生前に作曲、出版した5曲のうち、第1番から第4番は1901年から1907年にかけて作曲され、第5番は晩年の1930年に作曲された。遺稿から見つかった第6番は未完成であり、アンソニー・ペインによって補筆・完成されたもので知られている。 原題 "'Pomp and Circumstance" は、シェイクスピアの戯曲『オセロ』第3幕第3場の台詞 "Pride, pomp and circumstance" 「誉れも、飾りも、立派さも」(坪内逍遥訳)から取られている。

概要 (Wikipediaから引用)

意思決定支援システム(いしけっていしえんシステム、Decision support system;DSS)とは、コンピュータを利用した情報システムあるいはエキスパートシステムの一種で、その名の通り意思決定を支援する。意思決定には汎用的モデルが定まっていないため、また意思決定を必要とする領域範囲は広いため、「意思決定支援システム」(DSS) の概念も幅広い。DSS には様々な形態がある。最小限の定義をするとすれば、DSS は意思決定をするためのシステムである。意思決定とは、複数の選択肢から予想される価値を判断してひとつの選択肢を選ぶことである。意思決定を支援するとは、この予想および比較を支援することによって選択を支援することに他ならない。実際、DSSと呼ばれるコンピュータアプリケーションの多くは、そのような支援を行う。

概要 (Wikipediaから引用)

い、イは、日本語の音節の1つであり、仮名の1つである。1モーラを形成する。五十音図において第1行第2段(あ行い段)に位置する。現代仮名遣いでは第8行第2段(や行い段)を空欄としない場合、そこに再出する。現代仮名遣いで使用しない第10行第2段(わ行い段)のゐは置き換えられることがあり、その場合そこにも再出する。い、は、漢字の以から、イは漢字の伊からとられた。 現代標準語の音韻: 五母音の1つ /i/。前舌狭母音に近い。すなわち、舌の前の方を高く盛り上げて響きを作り、口はあまり開かない。国際音声記号では日本語の五十音の「い」段音が全て硬口蓋化しているのに準じて「い」も硬口蓋化するため「や」行の頭子音と同じ構えの硬口蓋接近音[j]と思われるが、しかし「い」は前舌部は低いままで中舌よりの部分が高く盛り上がるため、前舌を上げて硬口蓋に近づけて発音する硬口蓋接近音[j]とは違いが生じるため「い」は硬口蓋化はしていない。

居る

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

いる

概要 (Wikipediaから引用)

『イルカ』より : イルカ(海豚、鯆)は、哺乳綱鯨偶蹄目クジラ類ハクジラ亜目に属する種の内、比較的小型の種の総称(なお、この区別は分類上においては明確なものではない)。 分類と名称 生物分類上はイルカとクジラに差はない。むしろ、ハクジラとヒゲクジラの差の方が生態的にも形態的にも違いが顕著である。しかし世界的にも日常語レベルでは両者は別のカテゴリーとして認識され、別の名で呼ばれることが多い。 日本語では、成体の体長でおよそ4mをクジラとイルカの境界と考えることが多い。これは定義ではなく、実際に○○クジラ、○○イルカと呼ばれている種の体長から帰納した傾向に過ぎず、4m基準に当てはまらない種もある。例えば、コマッコウやゴンドウクジラのような4mに達しないがクジラと見なされる種も多い。ただしゴンドウクジラはマイルカ科であり、まれにイルカとされることがある(ゴンドウクジラ#特徴も参照)。またイッカク科のシロイルカは、和名に「イルカ」とついているが、成体は5mに達しクジラと見なされることが多い。 英語での“Dolphin”と“Whale”の呼称の区別は、日本語の「イルカ」と「クジラ」の区別とほぼ共通する。

要る

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

煎る

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

鋳る

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

射る

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

熬る

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

炒る

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

入る

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

良い

概要 (Wikipediaから引用)

良いデフレ(よいデフレろんそう)とは、1990年代に入ってから日本の物価上昇率が低下し、1999年頃以降は消費者物価の下落基調が続くというデフレーションに陥ったことに関して起こった論争。 リチャード・クー(当時野村総合研究所主席研究員)が1994年に出版した、良い円高・悪い円高をもじって、デフレーションを良性のものと悪性のものとに分類し、当時の物価下落は良性の「良いデフレ」であるという主張が登場した。このため、当時の物価下落が、良性のものか悪性のものかという論争が起こった。 よいデフレ論とは、デフレーションは流通革命や合理化の結果で消費者の利益にかなう、あるいは経済のグローバル化に伴う競争の結果で日本経済の高コスト体質の是正につながるといった主張である。 「構造改革や流通革命等で生産性が上がり、物価が下がっていくという要素を考慮せねばならない」という速水優日本銀行元総裁の発言や、「最近の物価下落は情報通信分野の技術革新などの変革を背景とした『よいデフレ』に分類される」という速水元総裁発言に代表される。