「いあわせ」とは?

言葉 詳細
居合

概要 (Wikipediaから引用)

『抜刀術』より : 抜刀術(ばっとうじゅつ)、もしくは居合(いあい)居合術(いあいじゅつ)とは、日本刀(打刀とは限らない)を鞘に収めた状態で帯刀し、鞘から抜き放つ動作で一撃を加えるか相手の攻撃を受け流し、二の太刀で相手にとどめを刺す形、技術を中心に構成された武術である。 居合、居合術、抜合、居相、鞘の内、抜剣などと呼ばれることもある。日本での武芸十八般では抜刀術の名で数えられている。 もともと居合(居相)とは刀を抜く技術に限らず、座って行う技の事を指している。居合が抜刀術の意味として使われる事となったのは、多くの抜刀術(居合)の流派が座った状態での抜刀技術を重視していたためとも言われる。そのため流派によっては、居とは座っているという意味で、立って行うものは立合であると説明している場合もある。日本武術の基点は立居振舞い、その中でも「居る」ということ、居方自体が、日常の体の使い方から転換が求められる。礼法や弓術の座射、柔術の座捕りなど、どれも手足の動きを制限することによって、末端ではなく体幹の使い方を発展させてきた。

居あわせる

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

居合わせる

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

居合せる

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

いあわせる

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。