「いいだこ」とは?

言葉 詳細
イイダコ

概要 (Wikipediaから引用)

イイダコ(飯蛸、学名:Octopus ocellatus もしくは Octopus fangsiao)は、マダコ科 マダコ属に分類されるタコの1種である。東アジアの浅海に生息する小型のタコであり、沿岸域では古代から食用として漁獲されている。 呼称 種小名 ocellatus は、ラテン語で「目(のような模様)のついた」の意味で、足の付け根あたりに目立つ眼状紋のあることを指しての命名。 和名のイイダコは「飯蛸」で、一説に、胴部(頭にみえる部位)にぎっしり詰まった卵胞が米飯のように見えるからだという。 または、その卵胞の食感が飯粒のようであるからだとも。 方言として「コモチダコ(子持ち蛸)」や「イシダコ」「カイダコ」などがある。 生物的特徴 形態 体長は最大でも30cmほどで、タコとしては小型である。体表は低い疣(いぼ)状突起が多い。体色は周囲の環境により変化するが、腕の間の襞(ひだ)に金色の環状紋が2つあることと、両眼の間に長方形の模様があることで他種と区別できる。

飯蛸

概要 (Wikipediaから引用)

『イイダコ』より : イイダコ(飯蛸、学名:Octopus ocellatus もしくは Octopus fangsiao)は、マダコ科 マダコ属に分類されるタコの1種である。東アジアの浅海に生息する小型のタコであり、沿岸域では古代から食用として漁獲されている。 呼称 種小名 ocellatus は、ラテン語で「目(のような模様)のついた」の意味で、足の付け根あたりに目立つ眼状紋のあることを指しての命名。 和名のイイダコは「飯蛸」で、一説に、胴部(頭にみえる部位)にぎっしり詰まった卵胞が米飯のように見えるからだという。 または、その卵胞の食感が飯粒のようであるからだとも。 方言として「コモチダコ(子持ち蛸)」や「イシダコ」「カイダコ」などがある。 生物的特徴 形態 体長は最大でも30cmほどで、タコとしては小型である。体表は低い疣(いぼ)状突起が多い。体色は周囲の環境により変化するが、腕の間の襞(ひだ)に金色の環状紋が2つあることと、両眼の間に長方形の模様があることで他種と区別できる。