「いいのや」とは?

言葉 詳細
井伊谷

概要 (Wikipediaから引用)

井伊谷藩(いいのやはん)は、遠江国引佐郡引佐(現在の静岡県浜松市北区引佐町井伊谷)に存在した藩。 井伊谷の歴史は古い。南北朝時代には義良親王と宗良親王、北畠親房らが奥州に逃れて再挙を図ろうと伊勢から出港したとき、航行中に遭難して漂着したのが、井伊氏が支配していた井伊谷であった。井伊氏は国人領主として南朝に与し、戦国時代に入ると今川氏の家臣となったが、今川義元が桶狭間の戦いにおいて織田信長の前に敗死すると、後継者の今川氏真に信長との内通を疑われて時の当主・井伊直親は氏真が派遣した朝比奈泰朝の軍勢によって殺されてしまった。これにより井伊氏は一時的に滅亡する。 井伊氏はその後、孤児となった直親の遺児井伊直政が徳川家康に仕えて武功を挙げ、徳川四天王の一人となることで再興する。そしてこのとき、直政の片腕として活躍した家臣の中に近藤康用がいた。直政は名将だったが、冷徹な一面があり家臣にわずかな過ちがあっただけで惨殺することも珍しくなかったため、康用は直政の家臣になったことを次第に後悔していく。