「いえすずめ」とは?

言葉 詳細
イエスズメ

概要 (Wikipediaから引用)

イエスズメ(家雀、学名 Passer domesticus)はスズメ目スズメ科の鳥類。和名は学名を含むヨーロッパ各言語からの直訳に由来する。 形態 全長14-16cm、体重24-38g。大きさはスズメ (Passer montanus) よりやや大きい。翼長6.9-8.5cm。雌雄で体色が異なり、雄はスズメに似るが、頭に帽子を被ったような灰色の部分があり(ただし、イタリア半島やコルシカ島産の亜種イタリアスズメ P. d. italiae はこの灰色の部分が赤褐色になっている)、頬の黒斑がない。雌や若鳥は全体的に淡い茶褐色をした地味なカナリアといった風情で、特徴的なのは目の上に眉状の模様がある点ぐらいである。くちばしは、スズメ同様、若鳥は黄色いが成鳥は黒い。鳴き声はスズメに似る。 分布 南極を除く全大陸に分布する汎存種で、世界一分布域の広い鳥類である。アフリカではナイル川下流域と大陸南部、セネガル周辺に分布する。近年はケニアのナイロビ周辺でも見られる。 ユーラシアは分布の中心であり、温帯域のヨーロッパ、中央アジアを中心として、インド、中東、東南アジアといった熱帯域、寒帯域のシベリアと、全域に分布する。