「いおにあ」とは?

言葉 詳細
イオニア

概要 (Wikipediaから引用)

イオニアの反乱(イオニアのはんらん、ギリシア語: Ιωνική Επανάσταση、英語: Ionian Revolt)は、 アケメネス朝の支配に対して、ミレトスを中心とするイオニア地方のポリスが、紀元前498年から紀元前494年にかけて起こした反乱。 原因 イオニアの都市国家はギリシアの古い植民都市であったが、アナトリア半島で繁栄したリュディア王国と経済的な繋がりが深く、これに支配されていた。このため、アケメネス朝のリュディア侵攻に対して、ペルシア王キュロス2世からリュディアより離反するよう勧告されていたが、ミレトスを除くイオニアの諸都市はこれに耳を貸さなかった。リュディア侵略の後、キュロスはイオニアへの侵攻を優先しなかったが、リュディア人パクテュエスの反乱にプリエネステとマグネシアが加わったため、ペルシア軍はこれを攻撃、イオニア地方を征服した。 以後、ペルシアは各都市国家に僭主を置いて内政に干渉したが、それほど過酷な支配は行わなかった。衰退していたミレトスなどはむしろ繁栄を取り戻し、イオニアの華と讃えられた。