「いかに」とは?

言葉 詳細
如何に

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

いかに

概要 (Wikipediaから引用)

いかにんじんとは、福島県北部の郷土料理である。 スルメとニンジンを細切りにし、醤油、日本酒、みりんなどで味付けする。各家庭で主に晩秋から冬にかけて作られ、おつまみ、おかずとして親しまれている。 作り方 いかにんじんは家庭ごとに作り方も味も異なる。材料は、近年は松前漬けの影響を受け昆布や数の子を入れる場合もあるが、伝統的にはニンジンとスルメだけである。 松前漬けと異なり、昆布のぬめりがなく、ニンジンの食感が楽しめるサラダ感覚の漬物である。 材料ニンジン500g、スルメ3枚、トウガラシ3本、昆布1枚作り方(※あくまでも1例)スルメの胴体をハサミで背骨に直角に約4センチ間隔で切り、これを幅2ミリ程度の細切りにする。 切ったスルメは、日本酒に数時間浸す。 ニンジンは長さはスルメと同じ約4センチ、幅はやや太目の3ミリ程度の細切りにし、ボールに入れる。 トウガラシは細かく輪切りにする。(入れない場合もある。) 醤油1/2カップ、日本酒1/4カップ、みりん1/4カップで調味液を作る。これにトウガラシを加えて昆布を入れて熱する。 昆布も食べたい場合は、細切りにして入れそのまま残す。