「いかほ」とは?

言葉 詳細
伊香保

概要 (Wikipediaから引用)

『東武伊香保軌道線』より : 伊香保軌道線(いかほきどうせん)は、かつて群馬県高崎市の高崎駅前・同県前橋市の前橋駅前から同県渋川市を経て同県伊香保町(現・渋川市)の伊香保までを結んでいた東武鉄道運営の路面電車の一つである。高崎駅前 - 渋川新町間の高崎線、前橋駅前 - 渋川駅前間の前橋線、渋川駅前 - 伊香保間の伊香保線の3路線から成り、渋川新町を中心に高崎・前橋・伊香保の3方面へ延びていた。 明治時代に馬車鉄道として開業し、その後東京電燈を経て1927年(昭和2年)に東武鉄道の路線となる。 3路線のうち最後まで残った伊香保線は、路面電車としてはスイッチバック式の待避線が多くあるなど屈指の登山電車として知られていたが、1956年(昭和31年)にバスに代替されて全廃された。 開業 前橋線は1890年(明治23年)に上毛馬車鉄道、高崎線は1893年(明治26年)群馬馬車鉄道といずれも馬車鉄道として開業した。