「いきな」とは?

言葉 詳細
生名

概要 (Wikipediaから引用)

生名島(いきなじま)は、愛媛県上島町の離島で、因島と指呼の間に位置する。 行政 平成の合併前までは愛媛県越智郡生名村であったが、合併により上島町の区域となった。 経済・産業 地場産業は、農業、漁業(クルマエビ養殖)がある。広島県因島に通勤可能であり、通勤者も多い。かつては日立造船の寮もあった。 交通 島の東岸に立石港があり、因島からフェリーでわずかに3分と渡し舟の感覚で行き来できる。(実際に、地元の人はフェリーを「渡し」と呼んでいる。) 生名島は旧日立造船の企業城下町として栄えてきた。生名島の島の東岸に位置し、因島の土生港(広島県尾道市)に向かい合っている立石港は因島への直結ルートとして重要な役割を果たしてきた。同港からは、土生航路に加え、弓削・尾道航路、三原航路も就航しており、通勤通学時には、乗降客・乗降車等でかなりな混雑がみられる。 2011年2月6日に上島架橋の生名橋が開通し、弓削島や佐島と陸路で結ばれた。 名所・名産 名所 サウンド波間田(はかんだ) 立石山、展望台 蛙石(ガール石) 蛙石荘 - 宿泊施設 いきなスポレク公園 生名サーキット -島民が独力で開設したサーキット場 三秀園、同庭園 高松城跡 厳島遺跡 正福寺、いぼ地蔵 生名八幡神社 名産 クルマエビ 杜仲茶、杜仲茶ようかん 手作り味噌 ヒオウギ貝 ひじき テングサ ごませんべい 地域おこし 島民が一体となって「いきな島一周マラソン」などのスポーツに取り組んでおり、スポーツ合宿の誘致にも取り組んでいる。