「いぎ」とは?

言葉 詳細
井城

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

伊木

概要 (Wikipediaから引用)

伊木氏(いぎし)は、日本の氏族。戦国時代から江戸時代にかけての武家。本姓は橘氏。家系は織田信長ついで岡山藩池田氏の筆頭家老を務めた家柄。 遠祖は相模国の豪族・鎌倉氏とされ、橘氏の末裔とされる。 戦国時代になると尾張国に住み、香川氏を称していた。織田信長が台頭すると香川長兵衛忠次(のちの初代当主・伊木忠次)は信長に仕えた。永禄4年(1561年)、斎藤氏との戦いで、長兵衛は美濃国の伊木山城(現在の各務原市鵜沼)攻めに参陣し武功を挙げた。これにちなんで信長より伊木の苗字を与えられた。後、織田氏の部将・池田恒興の配下となり、以後池田氏の家臣筆頭として仕えることとなる。天正18年(1590年)、池田輝政が三河国吉田城に15万石余で封ぜられると、忠次は渥美郡に独自の所領を与えられ、田原城を本拠とした。現在残る田原城の曲輪の配置や石垣などは、忠次によってこの時期に修築されたものであると考えられている。さらに主君輝政は関ヶ原の戦いで勲功を挙げて姫路藩52万石に封ぜられ、忠次も加増されて慶長6年(1601年)に三木城3万7千石を与えられた。

異義

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

異議

概要 (Wikipediaから引用)

異議(いぎ) 抗議すること、反対の旨を述べること。 民法の法律用語。債権譲渡における異議なき承諾など。 訴訟法の法律用語。以下を参照。なお、弁護人若しくは検察官又は当事者若しくは訴訟代理人の公開法廷(公判又は口頭弁論)における具体的な異議を陳述する弁論活動のことを指す場合もある。 民法上 法定追認(125条) 訴訟法上 異議(いぎ)とは、日本の司法制度における不服申立ての一種であり、判決又は決定又は命令あるいは裁判所書記官等の処分に対して、その判決又は決定又は命令等をした裁判所になされる不服の申立て、あるいは、この申立てにより開始される同一審級の裁判所における審理・判断の手続をいう。これに対し、上級の審級の裁判所に対する不服申立ては、上訴という。 刑事訴訟法では、簡易裁判所の略式命令に対する異議申立てにより通常の公判手続きによる請求のほか、高等裁判所の決定に対する抗告に代わる異議申立て、最高裁判所決定に対する異議申立てがあり、検察官などの処分に対する「準抗告」も異議申立てに含めることがある。

威儀

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

意義

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。