「いさご」とは?

言葉 詳細
砂子

概要 (Wikipediaから引用)

砂子塾長(すなこじゅくちょう、本名:砂子 智彦(すなこ ともひこ)、1964年11月6日 - )は、東京都出身の元レーシングドライバー。 往年の名ドライバー、砂子義一の子として生まれる。趣味はウェイクボードやスノーボード・スカイダイビング・ゴルフ等多彩である。また、愛犬家であり、スポーツランドSUGOで行われたレースの予選中に子犬がコースを横断して捕まえられ、保健所送りとなるこの子犬を引き取り『じゅく』と命名して愛育している。 1985年、富士フレッシュマンレースでデビューし、その後全日本F3選手権やJSSを始めとする様々なレースカテゴリーに参戦する。1992年からN1耐久(現スーパー耐久)に参戦、日産ピーズモータースポーツ/メンテナンス&運営(現日産プリンス東京販売モータースポーツ室)から日産プリンス東京(チーム)としてスカイラインGT-R(BCNR33型)で1996年にスーパー耐久・クラス1でシリーズチャンピオンを獲得する。

砂金

概要 (Wikipediaから引用)

砂金(さきん・沙金)とは、砂状に細粒化した自然金のこと。山腹に露出した金鉱脈が流水で洗われ下流の川岸の砂礫の間に沈殿する。大がかりな選鉱施設が不要で採取方法が簡単であることから、古くから個人単位での採取が行われてきた。現在では、砂金取りを体験できる施設が各地で営業しているほか、一部の河川では今でも実際に砂金を採取することが可能である。また、アマゾン川流域などではアマルガム法による採取が行われており、河川の深刻な水銀汚染を引き起こしている。 採取方法 上流に金鉱山が存在していた等の砂金が出そうな川に目星をつけ、上~中流域の砂がたまりやすい中州や屈曲部の内側に堆積する砂礫層を捜す。鍬などで砂を掘り起こし、揺り板やパンニング皿(ゴールドパンもしくは代用品)の中で流水で洗いながら砂金を選別する。金は比重が砂礫よりかなり大きいので、時間を掛けて丹念に洗い流せば素人でも採取が可能である。ただし、熟練者でも1日がかりで得られる金の量はわずかであり、労働時間と収益を見比べると多くは最低賃金を大きく下回る結果に終わることが多い。

井砂

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

概要 (Wikipediaから引用)

砂(すな、英: sand)は、砕屑物のうち、礫とシルトの中間(粒径が2~1/16mm (62.5μm) の粒子)のものをいう。岩石が風化・浸食・運搬される過程で生じた岩片や鉱物片などの砕屑物(砕屑性堆積物)から構成され、サンゴ・貝殻などの石灰質の化石片を含むこともある。河川の下流、河口、海岸、海底など、様々な堆積環境下で観察される。 また、岩石を人工的手段で破砕した破砕物のうち、上記定義に該当する粒度のものを指す場合もある。 分類 地質学の分野においては、砂は粒度、構成鉱物、円摩度、成因、堆積環境等で分類される。 粒径による分類では、以下のように細かく分けられる。粗砂(2〜0.2mm)と細砂(0.2〜0.02mm)に分ける場合もある。 構成鉱物による分類では、主に石英、長石、岩片、有色鉱物に着目して行われる(石英砂など)。構成鉱物の比率は、砂の供給源となった母岩を推定する上で重要な手がかりとなる。 山砂や川砂、火山砂など、堆積環境や成因に着目した分類も行われる。 砂による地形 砂の堆積する海岸を「砂浜」と呼ぶ。

伊砂

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

沙子

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。