「いじょう」とは?

言葉 詳細
異常

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

異状

概要 (Wikipediaから引用)

異状死体とは、医師によって病死であると明確に判断された内因死による死体以外の死体のこと。具体的には、外因死や医療事故による死亡、不詳の死(病死か外因死か判断が下せない死)などが相当する。この死に方を異状死と呼び、検視・検案の対象となる。医師が検案によって異状死体であると判断すると、医師法第21条「異状死体等の届出義務」に基づき、24時間以内に所轄警察署に届出をしなければならない。その後、必要があると判断されれば、司法解剖・行政解剖に回される。 異状死体の死因 異状死体の死因を以下に示す。異状死体は急死、特に内因性急死が多いため、通常の死因割合とは異なるところが多い。 内因性急死とは、外見は健康に見えるが医師の診断の得られていない突然死や急性発症後24時間以内の不測死のことを言い、簡単に言えば病気による異状死のことを言う。 種類別割合及び主要死因 病死 64.9% 虚血性心疾患 43.0% その他の心疾患 7.8% 脳血管疾患 13.0% 大動脈~毛細血管疾患 3.3% 肺炎 4.2% アルコール性肝疾患 5.9% その他 22.7% 災害 10.9% 交通事故 32.0% 転倒・転落 16.2% 溺死 14.9% 窒息 15.1% 焼死 8.2% 中毒 3.8% その他 9.7% 自殺 18.6% 縊死 59.0% 飛び降り 20.3% 交通機関 6.4% 溺死 3.5% その他 10.8% 司法関係・他殺 2.1% その他・不詳の外因 1.4% 不詳の死 2.1%※平成13年(2001年)の資料による。

已上

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

以上

概要 (Wikipediaから引用)

以上(いじょう)とは、ある基準と同じ、もしくはその基準より上であること、以下(いか、中世末期まではいげ)はある基準と同じ、もしくはその基準よりも下のことである。どちらも数量を限定する場合に用い、基本的には数詞と助数詞または割合を示す数を伴うほか、基準となる数量を含む(例えば「パンが3個以下」はパンが0〜3個である事を意味するが、「パンが3個未満」はパンが0〜2個である事を意味する)。 基準となる数量を含まない場合は数学では以上の代わりに「より大きい」、「超える(こえる)」、以下の代わりに「より小さい」、「未満(みまん)」と表現する他、以上及び以下について「≦」、「≧」(それぞれ読みはしょうなりイコール、だいなりイコール)の記号で表す。 また、法律用語においても基準点となる数量を含まない場合には数学と同様に以上の代わりに「超える」、以下の代わりに「未満」を用いるが、「超える」の場合はまれに「超過(ちょうか)する」と表現することもある。

委譲

概要 (Wikipediaから引用)

委譲 (delegation) とはオブジェクト指向プログラミングにおいて、あるオブジェクトの操作を一部他のオブジェクトに代替させる手法のこと。 委譲を行うオブジェクトは委譲先オブジェクトへの参照を持ち、必要に応じてその参照を切り替える事で動作にバリエーションを持たせる事ができる。一種の実装遅延、プラグイン機構である。一例としては、オブジェクトの編集を行う時、編集の前処理、後処理を本処理と独立させ委譲先に任せる事で、オブジェクト本体の変更を最小限にとどめ局所性を向上させる、などがある。 操作の代替という観点では他に代理 (Proxy) と呼ばれる手法があるが、この場合は代理側のオブジェクトが実体への参照を保持する事で操作のフィルタを行う概念であり、実装の分離を目的とする委譲とは異なる。 委譲を引き受けるオブジェクトはどのような操作を実装しなければならないか知っている必要があるため、インタフェースと併用される場合が多い。 いくつかの言語ではデザインパターンにおける手法であり、いくつかの言語ではコードで実装されライブラリとして提供されている。

移譲

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

囲繞

概要 (Wikipediaから引用)

囲繞地通行権(いにょうちつうこうけん)とは、ある所有者の土地が、他の所有者の土地又は海岸・崖地等に囲まれて(この状態を囲繞という)、公道に接していない場合に、囲まれている土地の所有者が公道まで他の土地を通行する権利である。このような土地の位置関係にある場合に、囲んでいる側の土地を「囲繞地」といい、囲まれている側の土地を「袋地」(ふくろち)という。また、土地の一部が海岸・崖地に囲まれているために公道に接していない土地を「準袋地」(じゅんふくろち)という。袋地の所有者が隣接する囲繞地を通行する権利であることから「隣地通行権」あるいは「袋地通行権」ともいう。 いわゆる相隣関係規定の一つとして、民法210条から213条にかけて定められており、私道設置の根拠法となっている。通行権者は、囲繞地の所有者に対して、必要最小限の方法により通行権を行使することを得、行使に際し償金を支払う、即ち、有償で行使できる。ただし、分筆により、袋地が生じた場合は、分筆前に一筆であった土地のみに無償で通行権が認められる。 民法現代語化を目的とした、平成16年民法改正により、「囲繞地」は「その土地を囲んでいる他の土地」などと言い換えられ、法文上「囲繞」の文字はなくなったが、不動産業界等に深く浸透している用語であり、講学上の用語としては現在も用いられている。

移乗

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。