「いそ」とは?

言葉 詳細

概要 (Wikipediaから引用)

『海岸』より : 浦(うら)とは、湖岸・海岸の地形の1つ。 湖海に沿った屈曲がない砂泥や小石からなる海岸平野を浜(はま)、同じような地形で岩塊が露出している磯(いそ)に対して、陸地が湾曲して湖海が陸地の中に入り込んでいる地形を指す。特に浦・浜は、前近代において湖岸・海岸の集落(漁村・港町)を指す用語としても用いられていた。 日本の律令制では浦や浜は山川藪沢と同様に「公私共利」の原則の下に置かれて排他的利用が禁じられていたが、現実には王権に贄を貢献する贄人や海部は例外とされ、そこを突破口に8世紀以降権門寺社による浦・浜の私的占有と住民支配が徐々に進行することになり、平安時代には漁業や塩業、水上交通およびそれを取り巻くわずかな田畠からなる荘園に編制され、「浦」「浜」が保・名とともに荘園内の内部単位あるいは独立した行政単位として成立する。

概要 (Wikipediaから引用)

礒部 公一(いそべ こういち、1974年3月12日 - )は、広島県東広島市出身の元プロ野球選手(外野手、捕手)、プロ野球コーチ。現在は東北楽天ゴールデンイーグルスの一軍打撃コーチを務める。 来歴・人物 アマチュア時代 東広島市立志和中学校を卒業後、高校は市内中心部の西条農高に進学。高校では主に4番捕手でチームの主将も担当した。高校3年時に第73回全国高等学校野球選手権大会に出場。初戦の東北戦はサヨナラ勝利、2回戦の我孫子高戦ではセンターバックスクリーンに本塁打を放つなどの活躍も6対3で敗れた。大会後、高校野球日本代表に選ばれた。 高校卒業後、地元の三菱重工広島に就職。主砲として活躍した。1996年の都市対抗野球ではチームを決勝に導く活躍。決勝で入来祐作擁する、本田技研(和光市)に敗れたが、大会の優秀選手に選ばれた。 翌年の1997年、大阪近鉄バファローズに捕手として入団。ドラフト3位で指名されたが、礒部は当初オリックス志望であった。しかし、当時監督の佐々木恭介がヘリコプターで近鉄の指名選手中一番先に礒部に会いに行き、その結果説得された礒部は近鉄入団を決意した。

伊祖

概要 (Wikipediaから引用)

伊祖(いそ、いーず)は、沖縄県浦添市の一地域。市の中央部から北東部に位置する。大平インターチェンジ (沖縄県) 大平インターチェンジの北側、沖縄県立浦添商業高等学校の南側、伊祖公園の東側一帯を占める。 1986年11月25日 住居表示実施(伊祖1丁目、2丁目、3丁目、4丁目設置)。 2000年11月27日 住居表示実施(伊祖5丁目設置)。 伊祖1丁目 伊祖2丁目 伊祖3丁目 伊祖4丁目 伊祖5丁目 男:1,881人 女:1,987人 計:3,868人 世帯数:1,473世帯:2008年1月31日現在行政区別住民登録人口集計表より抜粋。 福祉作業所そなえ会 沖縄県立大平特別支援学校 浅野浦公民館 浅野浦公園 あさやら公園

石生

概要 (Wikipediaから引用)

石生駅(いそうえき)は、兵庫県丹波市氷上町石生字猪ノ尾にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)福知山線の駅である。地元では、「いそ」や「いそお」と呼ばれることもある。 現在は篠山口駅管理の簡易委託駅で、西口2階の売店で出札業務が行われている。出札窓口の営業時間は6時30分から16時30分(但し、乗車券などの発売は16時20分)で、POS端末による発券を行う。 1899年(明治32年)7月15日 - 阪鶴鉄道の柏原駅 - 福知山南口駅(後の福知駅、現存せず)間延伸により開業。旅客・貨物取扱開始。 1902年(明治35年)12月16日 - 公衆電報取扱開始。(官報1902年12月13日号より) 1907年(明治40年)8月1日 - 阪鶴鉄道が国有化。国有鉄道石生駅に。 1909年(明治42年)10月12日 - 線路名称制定。阪鶴線所属駅となる。 1912年(明治45年)3月1日 - 線路名称改定。阪鶴線の福知山駅以南が福知山線に改称し、当駅もその所属となる。 1980年(昭和55年)9月3日 - 貨物取扱廃止。

いそ

概要 (Wikipediaから引用)

『イソギンチャク』より : イソギンチャク(磯巾着、菟葵, Sea Anemone)は、刺胞動物門花虫綱六放サンゴ亜綱イソギンチャク目に属する動物の総称である。柔らかい無脊椎動物で、口の回りに毒のある触手を持つ。 岩の上などに定着して生活する動物で、体は基本的には円筒形である。上の面を口盤とよび、その中央には口がある。口盤の周辺には多数の触手が並ぶ。触手は普通、円錐形だが、先端部が膨らんだものや、多数の枝をもつ場合もある。体の側面は滑らかなものが多いが、疣状の突起を持つもの、多数の房状の突起を持つものなどもある。下面は足盤とよばれ、ここで岩などに吸着する。あまり動くことはないように思われるが、イソギンチャクはこの足盤を使って、普通は時速数cm程度の速度で移動することができる。この移動性は六放サンゴ類の中でイソギンチャクの足盤が筋肉質に富むことから可能なことで、他の六放サンゴ類ではあまり見られない特徴である。内田はむしろイソギンチャクはポリプが歩く能力を発達させた唯一の例と見るべきと言っている。 これらの特徴は、定着性の刺胞動物にはほぼ共通するものである。