「いためよ」とは?

言葉 詳細
撓める

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

傷める

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

いためる

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

痛める

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

炒める

概要 (Wikipediaから引用)

炒める(いためる)とは、少量の油を使って野菜や肉などの食材をかき混ぜながら加熱し、調味する調理法である。 炒める料理に使う鍋にはフライパンや中華鍋を使うのが一般的である。炒める材料は薄いもの、火の通りが良いものが適している。煮物の下ごしらえとして行う場合は、煮物用の鍋を使って炒めた後に汁を加え煮る行程に入ることも多い。フランス語で言うソテー(動詞不定形sauter, 過去分詞形sauté)とは、ほぼこの炒める調理法に準ずる。ただし、鮭のムニエルのように、鍋のなかのものをかきまぜないで調理する場合には、鮭を「炒める」ではなく鮭を「焼く」と形容する方が適当である。 油炒めは、油の量と温度でテクスチャーが変化する。同じ種類の油炒めでも、中華料理店の油炒めのように多量の油を使った揚げ焼きのような油炒めと、日本の家庭料理用レシピの油炒めでは仕上がりが大きく異なる。また、中華料理の油炒めは高温で短時間に調理するが、イタリア料理のソフリットは、油に素材の風味を移すために低温でじっくり炒める。