「いたやなぎ」とは?

言葉 詳細
板柳

概要 (Wikipediaから引用)

板柳町(いたやなぎまち)は青森県北津軽郡の津軽平野中央に位置する町。 地理 河川 岩木川 隣接している自治体 青森市、弘前市、五所川原市 北津軽郡 - 鶴田町 南津軽郡 - 藤崎町 元々は岩木川の水運によって発展した町。弘前藩の代官所が置かれ、町の構造に枡形が組み込まれているのが現在でもわかる。 明治以降にリンゴがこの地域にもたらされると、りんごの名産地となる。昭和中期まではりんごの出荷が鉄道に拠っていたため、板柳駅は大いにぎわった。 1889年(明治22年)4月1日 - 町村制の施行により、板屋野木村、灰沼村、福野田村、三千石村、赤田村、欠落林村、小幡村が合併して板屋野木村が発足。 1895年(明治28年)3月27日 - 板屋野木村が改称して板柳村となった。 1920年(大正9年)4月1日 - 板柳村が町制施行して板柳町となった。 1955年(昭和30年)3月10日 - 板柳町、沿川村、小阿弥村、南津軽郡畑岡村が合併して現在の板柳町が発足。