「いっそ」とは?

言葉 詳細
逸す

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

いっす

概要 (Wikipediaから引用)

『一寸法師』より : 一寸法師(いっすんぼうし)は、日本の伽話の一つ。現在伝わっている話は御伽草子に掲載されたものが元となっている。 あらすじ 現在一般に知られている一寸法師のあらすじは、以下のようなものである。 しかし御伽草子に掲載されたものは、今のようなこととは少し話が異なっている。 老夫婦が、一寸法師が全く大きくならないので化け物ではないかと気味悪く思っていた。そこで、一寸法師は自分から家を出ることにした。 京で一寸法師が住んだのは宰相殿の家 一寸法師は宰相殿の娘に一目惚れし、妻にしたいと思った。しかし小さな体ではそれはかなわないということで一計を案じた。神棚から供えてあった米粒を持ってきて、寝ている娘の口につけ、自分は空の茶袋を持って泣きまねをした。それを見た宰相殿に、自分が貯えていた米を娘が奪ったのだと嘘をつき、宰相殿はそれを信じて娘を殺そうとした。一寸法師はその場をとりなし、娘と共に家を出た。 二人が乗った船は風に乗って薄気味悪い島に着いた。そこで鬼に出会い、鬼は一寸法師を飲み込んだ。しかし一寸法師は体の小ささを生かして、鬼の目から体の外に出てしまう。

いっそ

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。