「いって」とは?

言葉 詳細
一手

概要 (Wikipediaから引用)

『必至』より : 必至(ひっし、必死とも)とは、将棋において、相手がどのような受けの手を指しても詰めろが回避できない状態のこと。 必至:相手がどのように受けても次に詰みになる。 詰めろ:相手が受ければ詰みにならない。受けなければ詰みになる。たとえば先手の玉将に必至がかかっているとは、先手が次の番でどのように指したとしても、その後、後手が正確に指せば、先手が(王手の連続で)詰まされる状態のこと。 「詰めろ」や「必至」は終盤戦の重要な概念とされる。必至をかけられた側は、相手の玉を詰ませない限り負けとなるので、王手の連続で詰ませにいくか、その場で投了するかのどちらかを選択する。ただし例外として、相手玉に王手をかけつつ、同時に自玉を防ぎ、必至を解除する手が成立する場合がある。このような局面を「部分的な必至」ということがある。 例 図1は次に▲2二金または▲3二金で一手詰みとなるので、詰めろである。これに対し後手はこれら2種類の手を同時に受ける手を指すことが最低限必要だが、実はどう対応しても詰みから逃れることができない。