「いなご」とは?

言葉 詳細
稲子

概要 (Wikipediaから引用)

『イナゴ』より : イナゴ(蝗、稲子、螽)は、直翅目・バッタ亜目・イナゴ科(Catantopidae)に属するバッタ類の総称(イナゴ科をバッタ科と分けない場合もある)。日本では稲を食べる害虫とされると同時に水田から得られる重要なタンパク源として扱われ、多くの地域で食用とされた。 なお、バッタ科でもナキイナゴ、アメリカイナゴのように「いなご」と呼ばれるものがあるが、これらは本項にいうイナゴではない。 分類 イナゴ亜科 Oxyinae コイナゴ Oxya hyla intricata ニンポーイナゴ O. ninpoensis ハネナガイナゴ O. japonica チョウセンイナゴ O. manzhurica または O. sinuosa タイワンハネナガイナゴ O. chinensis または O. formosana タイワンコバネイナゴ O. podisma オガサワライナゴ O. ogasawarensis コバネイナゴ(エゾイナゴ) O. yezoensis ツチイナゴ亜科 Cyrtacanthacridinae ツチイナゴ Patanga japonica セグロイナゴ亜科 Shirakiacrinae(?) セグロイナゴ Shirakiacris shirakii フキバッタ亜科 Melanoplinae ミヤマフキバッタ Parapodisma など 利用 日本では昆虫食は信州(長野県)など一部地域を除き一般的ではないが、イナゴに限ってはイネの成育中または稲刈り後の田んぼで、害虫駆除を兼ねて大量に捕獲できたことから、全国的に食用に供する風習があった。

稲河

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

いなご

概要 (Wikipediaから引用)

『イナゴ』より : イナゴ(蝗、稲子、螽)は、直翅目・バッタ亜目・イナゴ科(Catantopidae)に属するバッタ類の総称(イナゴ科をバッタ科と分けない場合もある)。日本では稲を食べる害虫とされると同時に水田から得られる重要なタンパク源として扱われ、多くの地域で食用とされた。 なお、バッタ科でもナキイナゴ、アメリカイナゴのように「いなご」と呼ばれるものがあるが、これらは本項にいうイナゴではない。 分類 イナゴ亜科 Oxyinae コイナゴ Oxya hyla intricata ニンポーイナゴ O. ninpoensis ハネナガイナゴ O. japonica チョウセンイナゴ O. manzhurica または O. sinuosa タイワンハネナガイナゴ O. chinensis または O. formosana タイワンコバネイナゴ O. podisma オガサワライナゴ O. ogasawarensis コバネイナゴ(エゾイナゴ) O. yezoensis ツチイナゴ亜科 Cyrtacanthacridinae ツチイナゴ Patanga japonica セグロイナゴ亜科 Shirakiacrinae(?) セグロイナゴ Shirakiacris shirakii フキバッタ亜科 Melanoplinae ミヤマフキバッタ Parapodisma など 利用 日本では昆虫食は信州(長野県)など一部地域を除き一般的ではないが、イナゴに限ってはイネの成育中または稲刈り後の田んぼで、害虫駆除を兼ねて大量に捕獲できたことから、全国的に食用に供する風習があった。

イナゴ

概要 (Wikipediaから引用)

イナゴ(蝗、稲子、螽)は、直翅目・バッタ亜目・イナゴ科(Catantopidae)に属するバッタ類の総称(イナゴ科をバッタ科と分けない場合もある)。日本では稲を食べる害虫とされると同時に水田から得られる重要なタンパク源として扱われ、多くの地域で食用とされた。 なお、バッタ科でもナキイナゴ、アメリカイナゴのように「いなご」と呼ばれるものがあるが、これらは本項にいうイナゴではない。 分類 イナゴ亜科 Oxyinae コイナゴ Oxya hyla intricata ニンポーイナゴ O. ninpoensis ハネナガイナゴ O. japonica チョウセンイナゴ O. manzhurica または O. sinuosa タイワンハネナガイナゴ O. chinensis または O. formosana タイワンコバネイナゴ O. podisma オガサワライナゴ O. ogasawarensis コバネイナゴ(エゾイナゴ) O. yezoensis ツチイナゴ亜科 Cyrtacanthacridinae ツチイナゴ Patanga japonica セグロイナゴ亜科 Shirakiacrinae(?) セグロイナゴ Shirakiacris shirakii フキバッタ亜科 Melanoplinae ミヤマフキバッタ Parapodisma など 利用 日本では昆虫食は信州(長野県)など一部地域を除き一般的ではないが、イナゴに限ってはイネの成育中または稲刈り後の田んぼで、害虫駆除を兼ねて大量に捕獲できたことから、全国的に食用に供する風習があった。

概要 (Wikipediaから引用)

『イナゴ』より : イナゴ(蝗、稲子、螽)は、直翅目・バッタ亜目・イナゴ科(Catantopidae)に属するバッタ類の総称(イナゴ科をバッタ科と分けない場合もある)。日本では稲を食べる害虫とされると同時に水田から得られる重要なタンパク源として扱われ、多くの地域で食用とされた。 なお、バッタ科でもナキイナゴ、アメリカイナゴのように「いなご」と呼ばれるものがあるが、これらは本項にいうイナゴではない。 分類 イナゴ亜科 Oxyinae コイナゴ Oxya hyla intricata ニンポーイナゴ O. ninpoensis ハネナガイナゴ O. japonica チョウセンイナゴ O. manzhurica または O. sinuosa タイワンハネナガイナゴ O. chinensis または O. formosana タイワンコバネイナゴ O. podisma オガサワライナゴ O. ogasawarensis コバネイナゴ(エゾイナゴ) O. yezoensis ツチイナゴ亜科 Cyrtacanthacridinae ツチイナゴ Patanga japonica セグロイナゴ亜科 Shirakiacrinae(?) セグロイナゴ Shirakiacris shirakii フキバッタ亜科 Melanoplinae ミヤマフキバッタ Parapodisma など 利用 日本では昆虫食は信州(長野県)など一部地域を除き一般的ではないが、イナゴに限ってはイネの成育中または稲刈り後の田んぼで、害虫駆除を兼ねて大量に捕獲できたことから、全国的に食用に供する風習があった。