「いわだて」とは?

言葉 詳細
岩館

概要 (Wikipediaから引用)

岩館 真理子(いわだて まりこ、1957年2月8日 - )は、日本の漫画家。北海道出身。 1973年(昭和48年)、『週刊マーガレット』(集英社)秋の増刊号に掲載された「落第します」でデビュー。以後、同誌を中心に執筆。70年代は陸奥A子・田渕由美子などに代表される、いわゆる乙女チックラブコメ風の作品を発表していたが、80年代に入ってからシリアスものに路線を変更している。90年代からは主にヤングユーなどの女性誌で執筆している。 作風は、大人の女性の等身大の恋愛を描いたものから、少女を主人公にした幻想的なものまで幅広く、繊細な感受性から生み出される独特の作品世界は、淡麗な絵柄とも相まって、多くの読者の支持を集めている。 1992年、『うちのママが言うことには』で、第16回講談社漫画賞を受賞。このほかの代表作に『1月にはChristmas』、『アリスにお願い』などがある。長い漫画家生活の中で、漫画の描き方が分からなくなるようなスランプにも、度々見舞われたことがあるという。

岩舘

概要 (Wikipediaから引用)

岩舘 学(いわだて まなぶ、1981年4月14日 - )は、千葉県成田市出身の元プロ野球選手(内野手)。 プロ入り前 成田高等学校から東洋大学に進学。東都大学リーグ通算101試合出場、375打数92安打、打率.245、6本塁打、42打点。2003年のプロ野球ドラフト会議において、読売ジャイアンツに5巡目で指名されて入団した。 巨人時代 新人年の2004年シーズン終盤に一軍に昇格し、10月9日の広島東洋カープ戦で初安打を記録した。この年は一軍では2試合の出場に留まったが、翌2005年には守備・代走要員として14試合に出場した。二軍では二塁手・遊撃手・三塁手をそれぞれ10試合以上守ったが、合計で15失策と守備で精彩を欠いた。 2006年に、当時の巨人の正三塁手であった小久保裕紀が親指の故障で長期離脱すると、敗れはしたものの一番打者の座を脇谷亮太と争った。三塁手を中心に内野の4ポジション全てを守り、自己最多の出場機会を得た。二軍では打率.282、4盗塁を記録した。 2007年、初の開幕一軍入りを果たした。