「いんおうご」とは?

言葉 詳細
印欧語

概要 (Wikipediaから引用)

『インド・ヨーロッパ語族』より : インド・ヨーロッパ語族(インド・ヨーロッパごぞく)は、ヨーロッパから南・北アジア、アフリカ、南・北アメリカ、オセアニアにかけて話者地域が広がる語族である。印欧語族(いんおうごぞく、いんのうごぞく)と略称される。この語族に属する言語を公用語としている国は100を超える。 ドイツ語圏ではインド・ゲルマン諸語(ドイツ語: Indogermanische Sprachen)と呼ばれるが、これは移民・植民を除く同語族の土着の公用地がインド語派圏からゲルマン語派圏まで広がっていたと考えられていたためである。 大航海時代以降特に近代以後には、南北アメリカ大陸やアフリカ、オセアニアにも話者が移住、使用地域を大きく広げた。この語族に属する主要な言語には英語(母語話者数:約5億1000万人)、ヒンディー語(約5億人)、スペイン語(約4億2000万人)、ポルトガル語(約2億1500万人)、ロシア語(約1億8000万人)、ドイツ語(約1億500万人)、フランス語(約1億3000万人)、イタリア語(約6100万人)、ウルドゥー語(約6100万人)、ペルシア語(約4600万人)、ウクライナ語(約4500万人)などがある。