「いんか」とは?

言葉 詳細
インカ

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

陰火

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

印加

概要 (Wikipediaから引用)

印加(いんか)とは、電気回路に電源や別の回路から電圧や信号を与える事を意味し、「電圧を印加する」「信号を印加する」という様に使われる。またこの時、印加された電圧、電流はそれぞれ印加電圧、印加電流と呼ばれる。 電圧を印加した瞬間に流れる大電流を突入電流(インラッシュ電流)という。電動機や変圧器など、巻線機器ではこうした突入電流を考慮したうえで機器の設計および保護継電器の整定を行う。 電圧を印加する際には感電災害や機器の破損を防止するため、作業員を当該機器から退避させたこと、配線が正確になされていることを確認しなければならない。 意味 より広く電気以外の分野まで含めると、英語の "apply B to A" の日本語訳として「A に B を印加する」という表現が使われる。意味としては、下に書く一連の行為が「『対象』に『何か』を印加する」ことに当たる。 操作の目標である「対象」(例えば電気回路、鉱物、空間、生体など)に対して  人為的に操作可能な「何か」(例えば電場、磁場、電圧、電流、信号、水圧、圧力等)を作用させ それによって「対象」の状態を変化させる具体的には「空間に磁場を印加する」「水や氷に高圧を印加する」「入力端子に交流電圧を印加する」などのように使われる。

いん可

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

允可

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

引火

概要 (Wikipediaから引用)

引火点(いんかてん、英: flash point)とは、物質が揮発して空気と可燃性の混合物を作ることができる最低温度である。この温度で燃焼が始まるためには点火源(裸火、火花など)が必要である。また引火点ぎりぎりでは、いったん引火しても点火源がなくなれば火は消えてしまう。燃焼が継続するためにはさらに数度高い温度が必要で、これを燃焼点という。さらに高温になると点火源が無くとも自発的に燃焼が始まり、この温度を発火点という。 引火点は、火災予防の見地から、燃料やその他の液体の危険性を表現するために用いられる。例えばアメリカ合衆国では引火点が華氏100度(摂氏37.8度)以下の液体を引火性(flammable)、それ以上の液体を可燃性(combustible)と区分する。また日本の消防法では、第4類危険物(引火性液体)をその引火点に応じてさらに区分して数量規制を行っている。 仕組み あらゆる液体は蒸気圧を持っていて、液体の温度があがると蒸気圧も増加する関係にある。気液平衡が成り立つ状態では、蒸気圧が増加すれば空気中の蒸気濃度も増加するので、可燃性液体から揮発した蒸気濃度は液温によって決まる。

印可

概要 (Wikipediaから引用)

印可(いんか)とは、師がその道に熟達した弟子に与える許可のこと。 その証として作成される書面は印可状と呼ばれる。いわゆる“お墨付き”のこと。 禅宗では、悟りを開いたと認められた弟子の僧侶が、師の肖像を絵師に描いてもらい、師はその肖像の上に「偈文」という漢詩の形を取った説法をしたため、これを一種の卒業証書とした。これに倣い武術(剣術、槍術、柔術など)、茶道、あるいは軍学や算術などにおいても印可が与えられる。 現在古文書として残されている印可状の中には国宝や文化財とされている物もある。

いんか

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。