「う」とは?

言葉 詳細

概要 (Wikipediaから引用)

ファイル:22 Regen ubt.jpeg thumb 200px 降雨ファイル:Here comes rain again.jpg thumb 200px アスファルト上に降り水紋を作る雨雨(あめ)とは、空から水滴が落ちてくる天候のこと。また、その水滴。ファイル:Steigungsregen.jpg thumb 180px 冷たい雨の一例ファイル:Konvektionsregen.jpg thumb 180px 暖かい雨の一例}}大まかな成因は次の通り。大気中に含まれる水蒸気が、気温が下がったり上昇気流に運ばれたりすることで凝結して、細かな水滴(雨粒)でできた雲となり、雲の中で雨粒が成長し、やがて大きくなった雨粒が地上に落下することで、雨となる。地球上の多くの場所で起こる気象現象であるが、雪しか降らない南極・北極や高山地帯などの極寒地域では雨が降らない。降水量自体が少ない砂漠などの乾燥地域では、降らないに等しいくらい雨が極端に少ない地域もあるが、絶対に降らない地域は無い。

概要 (Wikipediaから引用)

う、ウは、日本語の音節の1つであり、仮名の1つである。1拍を形成する。五十音図において第1行第3段(あ行う段)に位置する。また現代仮名遣いでは第10行第3段(わ行う段)を空欄としない場合、そこに再出する。 現代標準語の音韻: 五母音の1つ /u/。後舌の狭母音。すなわち、舌の後ろの方を高く盛り上げて響きを作り、口はあまり開かない。国際音声記号では円唇後舌狭母音[u] よりも唇の丸みが少なく、非円唇後舌狭母音[ɯ] ほど平たくはないので[u̜] または[ɯ̹] と記述される。また[s, t͡s, d͡ʑ] の後では中舌寄りになるので中舌化記号が付けられ [ü̜, ɯ̹̈] で表される。丸みを表さない[ɯ] がよく使われるが、便宜上 [u] が使われる場合も多い。どちらにしても表しているものは同じである。 西日本方言の「う」は [u̜, ɯ̹] よりは [u] に近い音で発音される。また、標準語でも唇音の前後や長音の「う」は、同様に[u̜, ɯ̹] よりは [u] に近い音で発音される 五十音順: 第3位。

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

概要 (Wikipediaから引用)

ウ科(ウか、Phalacrocoracidae)は、鳥類カツオドリ目に属する科である。ウ(鵜、鷠)と総称される。 ウ属 Phalacrocorax のみを置くこともあるが、複数属に分割することも多い。 鵜を意味する英語の cormorant は、ラテン語の corvus marinus(「海のカラス」の意)に由来する。英語の別名のシャグ(英: shag)は鶏冠に由来する。 漢字の「鵜」(テイ)は元々中国ではペリカンを意味し、「う」は国訓である。ウを意味する本来の漢字は「鸕」(ロ)である。 分布 アフリカ大陸、オーストラリア大陸、北アメリカ大陸、南アメリカ大陸、ユーラシア大陸、インドネシア、日本、ニュージーランド。 主に温帯域や熱帯域の河川や湖沼、海岸などに生息するが、ヒメウのような寒帯にも分布する種もいる。 形態 大形の水鳥で、全長48-100 cm 。上面は黒や暗緑色などの暗色の羽毛で覆われる。多くの種においては全身黒いが、南半球には下面が白色の種もいる。

概要 (Wikipediaから引用)

甕(かめ、英:pot, urn, 西:cantaro, 希:pithos 、瓶とも書く)は、土器、陶器の一種で、貯蔵、運搬、発酵、化学反応に用いられる容器。 東大理学部人類学教室の長谷部言人(はせべことんど)による「頸部の径が口径あるいは腹径の2/3以上のものを甕(かめ)と呼び、2/3未満のものを壺とする」という定義がよく知られている。日本考古学では弥生時代以降に用いられることが多く、縄文土器の場合は「甕」の名称を用いず深鉢(ふかばち)を用いる。 底部からゆるやかに湾曲もしくは屈曲して立ち上がり、わずかに肩部を有するか、そのまま開いた状態で口縁部に至る器形で、一般的に貯蔵などに使用されるため、必ずしも人間が一人で運搬できるとは限らないような、また運搬することを目的としない大形の器を含めて呼称する。須恵器の甕には、口径あるいは腹径の2/3未満のものが含まれているなど、肩部から頸部への湾曲状態によっては壺と区別の困難な製品もある。しかし、概ね長谷部の定義どおり、甕は、大量の液体などを保管、貯蔵したり、藍甕にみられるように多量の液体を必要とする作業に用いられる腹部に対する口径の比が大きい容器で土器・陶磁器であるもののことをいう。

概要 (Wikipediaから引用)

『ウサギ』より : ウサギ(兎)は、ウサギ目に属する草食哺乳類の総称。ただし、多くの場合、ウサギ目のうち耳の小さいナキウサギ科を除いたウサギ科の動物のみを指す。外敵から身を守るために発達した大きな耳と、脱兎の如(ごと)くなどと例えられるような俊足ぶりや、出来るだけ遠くの音を聞くために立って音を聞くことが出来るように発達した長い足が特徴的である。カイウサギ(アナウサギ ”Oryctolagus cuniculus” の家畜種)、ノウサギなど。日本では、長い耳と小さな目がかわいいととらえられることが多く、小学校でよく飼育されている。現在ペットとして飼われているウサギ(カイウサギ)は、すべて哺乳綱 - ウサギ目 - ウサギ科 - アナウサギ属を家畜化したものといわれている。アナウサギ(英:rabbit)はヨーロッパ原産で、名前のとおり野生状態では地下に巣穴を掘り、巣穴で出産・育児を行う。アナウサギも、それを家畜化したカイウサギも、子どもは出生時には眼が開かず、毛も生えておらず、自力で歩行や跳躍ができない。

概要 (Wikipediaから引用)

『学位』より : 学位(がくい、英: degree)とは、大学など高等教育機関や国家の学術評価機関等において、一定の教育課程の修了者又はそれと同等の者に対して学術上の能力または研究業績に基づき授与される栄誉称号を言う。 学位は(1)一定の教育課程を履修し、かつ試験に合格して学業を修めた者(2)学術上価値のある研究を修め、論文または著書を公刊した者(3)学術上または教育上、功績があると認められた者―に授与される称号であり、取得学位(課程博士など)、研究学位(論文博士など)、名誉学位の類型があるほか、国や大学によって博士、修士、学士の学位のほか、短期大学士、専門職学位その他各種の階梯・称号が制定されている。 ちなみに学位は大学院の修了資格と不可分の関係にあり、大学院の修了はその大学院の課程が定める特定の学位の取得を意味していた。しかし、今日ではその大学院の修士課程、専門職学位課程、博士課程の定める学位の他に、大学が提携する他大学特に外国にある大学の学位の取得も可能になるダブルディグリー・プログラムや学位の取得はできない代わりに知識や技術の修得のみに徹するノンディグリー・プログラムという教育課程もできるなど、大学院の修了資格としての学位のあり方も変わりつつある。

売る

概要 (Wikipediaから引用)

売買(ばいばい)とは、当事者の一方(売主)が目的物の財産権を相手方(買主)に移転し、相手方(買主)がこれに対してその代金を支払うことを内容とする契約である。日本の民法では典型契約の一種とされる(555条)。 日本の民法は、以下で条数のみ記載する。 売買の意義 民法に規定する売買は、当事者の一方がある財産権を相手方に移転することを約し、相手方がこれに対してその代金を支払うことを約することによって成り立つ双務・諾成・有償の契約である(555条)。 売買は贈与や交換と同じく権利移転型契約(譲渡契約)に分類される。贈与が無償契約・片務契約の典型であるのに対し、売買は有償契約・双務契約の典型である。 貨幣経済の発達した今日、売買は物資の配分あるいは商品の流通を担う最も重要な契約類型とされる。売買と交換の関係であるが、講学上、典型契約としての交換(586条)を狭義の交換とし、売買契約など広く財産権の移転を内容とする取引一般を指して広義の交換と概念づけることもある。

うる

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

賣る

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

憂い

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

うい

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。