「うぃんとふっく」とは?

言葉 詳細
ウィントフック

概要 (Wikipediaから引用)

ウィントフック(アフリカーンス語・ドイツ語:Windhoek)は、ナミビアの首都。ドイツ語読みのヴィントフックと表記されることもある。 同国のほぼ中央に位置し、標高1655メートルの高地にある。1885年にドイツ帝国軍がこの地域を占領。1892年よりドイツ領南西アフリカの首都となった。ナミビアの商業、工業の中心地である。市街は小さく、周囲は砂漠に囲まれていて降水量は少ない。教会や図書館、美術館などが整備され中世ドイツ風の建物が現存し、清潔できれいな街並みとなっている。ショッピングモールがいくつかある。 都市名「ウィントフック」は、アフリカーンス語で風の曲がり角(アフリカーンス語: Wind Hoek、英語: windy corner)を意味する。 地理 平均標高1,657mの高地に位置する高原都市である。北部以外は山に囲まれる。一つの行政区分の市の面積では、天津、イスタンブールについで世界第3位の広さとなっている。 人種・言語 人口は322,500人(2012年)で、そのうち67%が黒人、16%が白人。