「うぃんな」とは?

言葉 詳細
ウィンナ

概要 (Wikipediaから引用)

『ホルン』より : ホルンは金管楽器の一種である。 ホルンはイタリア語ではCorno(コルノ)、フランス語ではCor(コール)と言い、もともと「角」の意味を持った言葉であるが、古くから「角笛」を意味してもいた。現在は一般にフレンチ・ホルンを指すことが多い。 ホルンと名のつく金管楽器には、サクソルン族のフリューゲルホルン、アルトホルン、テナーホルンなども有るが、これらはマウスピースやバルブの構造、管体の形状からホルンとは区別される。マーチングなどでホルンの代わりなどに使われるメロフォンは外観はホルンに似ているが別の楽器である。またホルンを名前に含む木管楽器にはオーボエ族のイングリッシュホルン(コールアングレ)やクラリネット族のバセットホルンなどがある。これらも金管楽器のホルンとは直接の関係はない。しかし、ホルンを名前に含む楽器がこのように多いことから、ヨーロッパの吹奏楽器の歴史の中で角笛が重要な位置をしめていたことが伺える。 この角笛やそこから発展した信号用のラッパは、狩りの時に『獲物を発見した』『獲物を捕らえた』などの信号を後ろにいる仲間に送るため、ベル(朝顔)の部分が横や後ろを向くように作られていた。