「うぃーく」とは?

言葉 詳細
ウィーク

概要 (Wikipediaから引用)

『ひたち (列車)』より : ひたちおよびときわは、東日本旅客鉄道(JR東日本)が主に品川駅・上野駅 - 土浦駅・勝田駅・高萩駅・いわき駅間を常磐線で運行している特急列車である。 本項では、常磐線内で運転されていた優等列車の沿革についても記述する。 「ひたち」は1969年(昭和44年)10月に上野駅 - 平駅(現在のいわき駅)間を運転する季節特急列車として運転を開始した。季節列車扱いであったのは当時同列車に使用されていた80系気動車が「いなほ」の間合い運用であったためである。1971年4月には上り列車のみ東京駅に乗り入れている。 1972年(昭和47年)7月には臨時列車の「ひたち」51・52号に485系電車がはじめて充当され、同年10月には定期列車にも485系電車が投入され運転区間を拡大、エル特急に指定された。 「ときわ」は、国鉄時代に快速列車→準急列車→急行列車として運行されていたが、1985年に「ひたち」に統合される形で消滅していた。 1989年(平成元年)3月11日に651系電車を投入して「スーパーひたち」とし、さらに1997年(平成9年)10月1日にはE653系電車による「フレッシュひたち」が運転を開始した。