「うきどっく」とは?

言葉 詳細
浮ドック

概要 (Wikipediaから引用)

『乾ドック』より : 乾ドック(かんドック)、ドライドック(dry dock)とは船舶の製造、修理などに際して用いられる設備。船渠(せんきょ)、乾船渠とも呼ばれる。通常、単に「ドック」と言えば、この「乾ドック」のことを指す。 艦船をドックに入渠(にゅうきょ)させる際には、まず盤木と呼ばれる支えを構築しなければならない(船の模型を置いておく台を大きくしたものと思えばわかりやすい)。盤木によりドックが排水された後でも艦船を直立させておくことが可能となる。盤木はコンクリート、鉄、木などからなり、船体の形状に合ったものが設置され、ドックに入渠した船体は一見浮いているように見える。それは船底を盤木で支えているためである。 艦船は通常タグボートの助けをかりて入渠する。入り口の起立式や外開き式の水密性扉(ゲート)が閉められ、ドック内は海から完全に隔離される。その後、巨大なポンプを用いてドック内の海水を排水する。ゲートとして扉船を使用する場合もある。扉船の内部にはタンクが設けられており、外洋から出し入れする際にはタンクを排水して浮上させるが、ドックの注排水作業はタンクを注水し浮力を殺す必要がある。

うきドック

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。