「うぐいすさわ」とは?

言葉 詳細
鴬沢

概要 (Wikipediaから引用)

『鶯沢町』より : 鶯沢町(うぐいすざわちょう)は、2005年まで宮城県北西部の栗原郡にあった町である。1100年の歴史を有し、鉛と亜鉛を産出する細倉鉱山があった。2005年4月1日に栗原郡内全町村と合併し、栗原市となった。鴬沢と略字で表記されることもある。 地理 宮城県北西部に位置し、北に栗駒山を望む。町域の西側が山地ないし丘陵地、東側が田園地帯である。二迫川が町の北西部から南東に流れ、鶯沢の市街の中心部を通って東に抜ける。細倉鉱山はその支流の鉛川沿いにあり、そこにも市街地がある。2005年に廃止するまで長く合併を経験しなかったため、周辺町村より面積が小さかった。 河川:二迫川、鉛川 平均気温:12.7℃ 年間降水量:1,458mm 隣接していた自治体 宮城県 栗原郡栗駒町、一迫町、花山村 大同年間または貞観年間に鉱山が開発されたといわれる。

鶯沢

概要 (Wikipediaから引用)

鶯沢町(うぐいすざわちょう)は、2005年まで宮城県北西部の栗原郡にあった町である。1100年の歴史を有し、鉛と亜鉛を産出する細倉鉱山があった。2005年4月1日に栗原郡内全町村と合併し、栗原市となった。鴬沢と略字で表記されることもある。 地理 宮城県北西部に位置し、北に栗駒山を望む。町域の西側が山地ないし丘陵地、東側が田園地帯である。二迫川が町の北西部から南東に流れ、鶯沢の市街の中心部を通って東に抜ける。細倉鉱山はその支流の鉛川沿いにあり、そこにも市街地がある。2005年に廃止するまで長く合併を経験しなかったため、周辺町村より面積が小さかった。 河川:二迫川、鉛川 平均気温:12.7℃ 年間降水量:1,458mm 隣接していた自治体 宮城県 栗原郡栗駒町、一迫町、花山村 大同年間または貞観年間に鉱山が開発されたといわれる。