「うしくび」とは?

言葉 詳細
牛首

概要 (Wikipediaから引用)

牛首峠(うしくびとうげ)は、長野県上伊那郡辰野町にある峠。初期中山道の峠道であり、往来を阻む木曽山脈の北端を回り伊那谷と木曾谷とを結ぶ数少ないルートの一つである。辰野町から塩尻市楢川村 楢川へと抜ける長野県道254号楢川岡谷線に位置する。霧訪山-奈良井断層帯の断層鞍部上の峠であり、峠道は断層谷に特徴的な直線状の谷を抜ける。慶長6年(1602年)に大久保長安により開設された初期中山道は贄川宿からこの峠を越えて小野宿へ抜け、小野峠から下諏訪宿に至るルートを通っていたが、元和 (日本) 元和元年(1615年)頃にはこの峠を迂回し、洗馬宿から塩尻峠を越えて下諏訪宿へ至るルートに変更された。峠を降りて塩尻市を通る区間は道路地図等で通行不能と案内されているが、実際は走行可能である。1996年迄、当該区間は未舗装のダートであったが後に殆ど一車線で舗装された。対向車とのすれ違いが困難であり、所々にそのための幅広い箇所が設けられている。また地盤が不安定であり、通行時には落石に注意する必要性がある。

牛頚

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

牛頸

概要 (Wikipediaから引用)

牛頸川(うしくびがわ)は、福岡県大野城市および春日市を流れる二級河川。 地理 大野城市域南部の牛頸山に位置する牛頸ダムより北向きに発し、同市牛頸四丁目にて西方からの小流平野川(ひらのがわ)と合流、そのまま春日市域にさし掛かり北東向きに湾曲、鹿児島本線の線路と交わる地点にて再び大野城市域に入り、同市瓦田五丁目にあたる地点で東より流れる御笠川との合流によって終結に至る流れである。御笠川水系、延長6,400m。都市化して久しい中下流域から一転して上流域は豊富な自然に恵まれ、夏季に入ると蛍(ゲンジボタル)が飛び交うことから、見物の人々の涼む姿で賑わう場となっている。 名称の由来 牛頸という名の由来は大野城市内の地名からである。この地名は、貝原益軒編纂の『筑前国続風土記』によれば、平野神社(当河川の西岸に存在)付近(現在の牛頸地区)から見える西の山の形に由来するとされるが、縄文時代の地理状況に由来するとする説(当時付近には海岸線が存在した、ゆえに『入江』を表すアイヌ語の『ウシ』からというもの)、6世紀頃から8世紀頃にかけてのこの地の渡来人村の名に由来するという説(現在の朝鮮半島にあたる地域からの渡来人が故郷の関連名(牛頭)を村の名としてこれが転訛したというもの)、現在の牛頸とされている地区のどこかにかつて牛の首を切る場所(いわゆる屠殺を行う場)があったことに因むとする説もある。

丑首

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。