「うちだて」とは?

言葉 詳細
内館

概要 (Wikipediaから引用)

『内舘秀樹』より : 内舘 秀樹(うちだて ひでき、1974年(昭和49年)1月15日 - )は、埼玉県浦和市(現・さいたま市桜区)出身の元サッカー選手。ポジションはディフェンダー、ボランチ。 浦和北高校から仙台大学を経て浦和レッズに入団。多くのポジションをこなせる多様性を生かして台頭したものの、シーズン初の30試合以上の出場を果たしレギュラーに定着した2002年までは控えであった。 2003年はハンス・オフト監督に「オマエ、やってみないか」と指名を受ける形でキャプテンを務め、チーム初タイトルであるナビスコカップを地元出身の生え抜き選手が掲げた事で話題になった。翌2004年シーズンからは再び控えとなり、怪我の多いディフェンスラインのスーパーサブ的役割を与えられ、2006年シーズン終盤はレギュラーのDFだった坪井慶介、堀之内聖が相次いで故障で離脱した影響でディフェンスラインに入り、初のJリーグ優勝に貢献した。

内舘

概要 (Wikipediaから引用)

内舘 秀樹(うちだて ひでき、1974年(昭和49年)1月15日 - )は、埼玉県浦和市(現・さいたま市桜区)出身の元サッカー選手。ポジションはディフェンダー、ボランチ。 浦和北高校から仙台大学を経て浦和レッズに入団。多くのポジションをこなせる多様性を生かして台頭したものの、シーズン初の30試合以上の出場を果たしレギュラーに定着した2002年までは控えであった。 2003年はハンス・オフト監督に「オマエ、やってみないか」と指名を受ける形でキャプテンを務め、チーム初タイトルであるナビスコカップを地元出身の生え抜き選手が掲げた事で話題になった。翌2004年シーズンからは再び控えとなり、怪我の多いディフェンスラインのスーパーサブ的役割を与えられ、2006年シーズン終盤はレギュラーのDFだった坪井慶介、堀之内聖が相次いで故障で離脱した影響でディフェンスラインに入り、初のJリーグ優勝に貢献した。