「うべしんかわ」とは?

言葉 詳細
宇部新川

概要 (Wikipediaから引用)

宇部新川駅(うべしんかわえき)は、山口県宇部市上町一丁目にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)宇部線の駅。 宇部市の中心市街地に位置し、同市を代表する駅である。宇部線の中間駅では唯一の直営駅で、かつては駅構内に宇部新川鉄道部があり、同市居能町には宇部電車区(略号は広ウヘ)が設置されていた。現在は山口地域鉄道部の管理下にある。 線路名称上は宇部線単独駅であるが、運転系統上は小野田線の列車も当駅始終着となっている(実際の小野田線の起点は隣の居能駅である)。 1914年(大正3年)に宇部軽便鉄道の駅として開業。当初は現在の宇部中央バス停付近に所在したが、1923年(大正12年)の助田停留場 - 宇部新川駅間の線路付け替え・床波駅までの路線延伸に伴い、現在地に移転した。 1914年(大正3年)1月9日 - 宇部軽便鉄道開業と同時に、宇部新川駅として開業。 1921年(大正10年)12月21日 - 社名変更により宇部鉄道の駅となる。 1923年(大正12年)8月1日 - 助田停留場から宇部新川駅までの線路付け替えにより、現在地に移転。