「うまぜ」とは?

言葉 詳細
馬瀬

概要 (Wikipediaから引用)

馬瀬村(まぜむら)は、岐阜県益田郡にあった村である。2004年(平成16年)3月1日に益田郡の他4町村と合併し、下呂市となった。 地理 山:川上岳(かおれだけ)、八尾山、仏ヶ尾山 河川:馬瀬川 隣接していた自治体 益田郡:萩原町、下呂町、金山町 郡上郡:明宝村 大野郡:清見村、宮村 江戸時代末期、この地域は飛騨国益田郡馬瀬郷で、始め飛騨高山藩、後に天領となった。 1875年(明治8年) 2月10日 下山村、西村、惣島村、井谷村、名丸村、堀之内村、中切村、数河村、黒石村、川上村が合併し馬瀬村となる。 1884年 (明治17年) 2月8日 下山村、西村、惣島村、井谷村を下馬瀬村に、名丸村、堀之内村、中切村、数河村、黒石村、川上村を上馬瀬村に分割する。 1889年(明治22年)7月1日 上馬瀬村、下馬瀬村を合併し、町村制施行により成立。 2004年(平成16年)3月1日 小坂町、金山町、下呂町、萩原町と合併し下呂市が発足。同日馬瀬村廃止。 教育 下呂市立馬瀬中学校 下呂市立馬瀬小学校 わかあゆ保育園 交通 鉄道 村内に鉄道路線なし バス 濃飛バス(馬瀬・黒石・美輝の里線) 道路 高速道路 村内に高速道路はなし。