「えあがん」とは?

言葉 詳細
エアガン

概要 (Wikipediaから引用)

『空気銃』より : 空気銃(くうきじゅう)とは、火薬を用いないで、空気又は不燃性ガスを用いて弾丸を発射する形式の銃の総称。 子供向けの玩具から、射撃、狩猟に用いるものまで、そのバリエーションは幅広い。 日本では一般に「空気銃」と呼ぶ場合、公安委員会の所持許可が必要な、いわゆる「実銃」をさすことが多い。この項ではこの実銃としての空気銃を扱う。 英語圏では、一般に空気銃をairgun(エアガン)と称するが、日本で「エアガン」と呼ぶ場合、「エアソフトガン(遊戯銃)」をさすことが多い。 基本的な構造 空気銃の基本的な構造は、空気または不燃性のガスの圧力を用いて弾丸を発射する点においては玩具から実銃まで共通であるが、その圧力をどのように得るかという構造において以下のような方式が存在する。 ポンプ式 ポンプ式は、銃本体に装備されたポンプを用いて蓄気を行い弾丸を発射する構造である。 ポンピングは本体に装備されたレバーを用いて行う。その装着位置により、主にアンダーレバー、サイドレバーに分類される。一般にサイドレバーは競技用に、アンダーレバーは狩猟用に多い。