「えいかわ」とは?

言葉 詳細
永川

概要 (Wikipediaから引用)

永川 玲二(ながかわ れいじ 1928年 - 2000年4月22日)は日本の英文学者。ジェイムズ・ジョイスやウィリアム・シェイクスピア シェイクスピア、ガルシア・ロルカの翻訳者として知られる。鳥取県米子市に生まれた。1945年2月、広島陸軍幼年学校を脱走。軍学校の脱走者は逮捕されたら銃殺刑に処されることが決まっていたため、日本全国を転々と逃亡して8月の敗戦を迎えた。このときの体験は、のちに丸谷才一の小説『笹まくら』の題材となった。その後、東京大学文学部英文科を卒業し、東京都立大学助教授となったが、逃亡生活の名残が消えず、新宿で飲み明かすと中央本線 中央線の急行列車 急行に乗って終点の長野県大町市 大町に向かい、黒部山中の「自分の専用の穴ぼこ」の中で一日中寝て英気を養っていたという種村季弘『雨の日はソファで散歩』(筑摩書房、2005年)。