「えいかん」とは?

言葉 詳細
永観

概要 (Wikipediaから引用)

永観(えいがん、えいかん)は、日本の元号の一つ。天元の後、寛和の前。983年から985年までの期間を指す。この時代の天皇は円融天皇、花山天皇。 改元 天元6年4月15日(ユリウス暦983年5月29日) 改元 永観3年4月27日(ユリウス暦985年5月19日) 寛和に改元 出典 『書経』洛誥の「王唏下殷乃承レ叙万年、其永観二朕子一、懐厥徳」などとされる。 勘申者は不明。なお、改元の詔を執筆したのは、慶滋保胤であったとされている。 永観期におきた出来事 永観2年(984年) 4月、高麗人、筑前国に来着する。 夏、米価高騰する。 8月、円融天皇退位、花山天皇践祚 11月、破銭法を定める。 西暦との対照表 ※は小の月を示す。 関連項目 ==。

栄冠

概要 (Wikipediaから引用)

栄冠賞(えいかんしょう)は、ホッカイドウ競馬が施行している地方競馬の重賞競走である。テレビ北海道より優勝杯の提供を受けており、名称は「TVh杯 栄冠賞」と表記している。 正賞は株式会社テレビ北海道賞、一般社団法人JBC協会会長賞(1着馬主)、北海道知事賞。 1976年に創設された、サラブレッド系3歳(現2歳)馬の重賞競走。ホッカイドウ競馬のグレードではH2に格付けされている。 施行時期は1999年以降6月下旬から7月初旬で定着しており、2歳馬による重賞としては地方競馬・中央競馬を通じ、全国のトップを切って行われる。中央競馬で行われる函館2歳ステークス(GIII)へのステップレースにも位置づけられており(後述)、2012年以降はJRA認定競走(上級認定競走)としても施行されるようになった。 2008年までは主に旭川競馬場・札幌競馬場で施行してきたが、2009年より門別競馬場に変更された。 競走条件・賞金 競走条件 出走資格:サラブレッド系2歳・地方競馬全国交流競走(他地区の地方競馬所属馬も出走が可能) 負担重量:定量(牡馬・牝馬ともに54kg) 賞金(2014年度) 1着賞金は350万円で、以下2着70万円、3着52万5000円、4着35万円、5着17万5000円。