「えいがかん」とは?

言葉 詳細
映画館

概要 (Wikipediaから引用)

映画館(えいがかん、英語: movie theatre, movie house)とは、映画を観客たちに見せることを主目的とした施設のこと。 「映画劇場」とも。日本語では「ムービー・シアター」を短くして「シアター」と称する場合がある、が「シアター」ではただ劇場という意味である。フランス語ではsalle de cinéma サル・ド・シネマ(=映画ホール)あるいは略して「cinéma シネマ」とも言うので、短いほうを採用してフランス風に「シネマ」とも呼ばれる。 映画館では映画は多数の観客席の前の大きなスクリーン(映写幕)に映写機によって投影される。 1899年にフィラデルフィアで開催された博覧会において、シグマンド・ルービンが映画を上映するパルテノン風建築のシネオグラフ館を期間限定で公開した。これが世界初の映画館ともされる。1905年頃から、アメリカで5セントで入場できる映画館ができ流行した。これらの映画館はサイレント映画、つまり音の無い映画を上映していたのであった。→#歴史 映画館の特徴は、その大きなスクリーンにあるので、映画館で上映されている作品や映画館を、象徴的に英語でbig screen(大きなスクリーン)とも言う。