「えいきょう」とは?

言葉 詳細
永橋

概要 (Wikipediaから引用)

永橋 博(ながはし ひろし 1922年3月19日-)は、1980年代頃まで活躍した代々木ゼミナール古文科講師。「古典読解法」「基礎古典」「基礎国文法」「東京大学 東大古典」「早大古典」など主要な講座のほとんどを担当した。 東京都出身 國學院大學文学部国文学科卒業 同大学講師や、高等学校教諭を歴任。 (共著)『受験国文法』 (代々木ライブラリー、1980年) ISBN 4896802772 『永橋の頻出古文』 (代々木ライブラリー、1986年) ISBN 4896801296 『永橋の私立大学 私大古文』 (代々木ライブラリー、1988年) ISBN 4896801806 『永橋の古文単語帳』 (代々木ライブラリー、1990年) ISBN 4896802764 『古文の<超>重点』 (学生社、1993年) ISBN 4311117051

影響

概要 (Wikipediaから引用)

影響汎関数(えいきょうはんかんすう:the Influence Functional)とは、波動関数の時間発展を記述するプロパゲータ-に環境効果を含めたもの。ノーベル賞物理学者のリチャード・P・ファインマンと、その学生であったバーノンが、外部環境(熱浴:reservoir)に曝された対象系を量子力学的に記述する為に考え出した(1963年頃)。ファインマン-バーノンの影響汎関数(the Feynman-Vernon's Influence Functional)。 まず、対象系と熱浴をまとめて一つの閉鎖量子系だと見なし、そのまま量子力学的に取り扱う。全系の確率密度関数に対するプロパゲータ-を経路積分形式で求め、そののち熱浴の自由度で積分(縮約)すると我々の興味のある自由度、つまり対象系のみに関する実質的(effective)なプロパゲータ-が求まる。その環境効果を取り入れたプロパゲータ-を影響汎関数と呼び、それを用いた手法を影響汎関数法と呼ぶ。 ここで用いた対象系と熱浴をまとめて量子化する手法は「系+熱浴アプローチ」などと呼ばれ、当時、開放系を量子力学で扱う為に認められた数少ない手法であった。