「えご」とは?

言葉 詳細
えご

概要 (Wikipediaから引用)

『』より : いごねりまたはえごねりとは、佐渡島でおもに食される郷土料理、海藻加工食品である。 同様の食品はえご、いごなどと呼ばれ、新潟県(本土)、長野県北部などおもに日本海側の広い地域で食べられている。また福岡県の「おきゅうと」など、製法が少し異なるが類似の食品が各地にある。 製法 佐渡島に古くから伝わる乾燥したいご草(エゴノリ)を煮溶かし、よく練ったものを冷やして固めて作られる。 食べ方 きしめん状に細く切り、上から小ねぎやおろし生姜などの薬味を乗せ、醤油をかけて食べるのが一般的である。好みで和からしを添えたり、酢みそや甘口醤油などで食されることもある。 脚注 ==。

エゴ

概要 (Wikipediaから引用)

『自我』より : エゴとは 自我 - 英語でego のこと。自己を対象とする認識作用、哲学および精神分析学における概念。 利己主義 - エゴイストの略 - 利己主義者。自己の利益を重視し、他者の利益を軽視、無視する考え方。

えごい

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。