「お」とは?

言葉 詳細

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

概要 (Wikipediaから引用)

アサ(麻、Cannabis)は、中央アジア原産とされるアサ科アサ属で一年生の草本で、大麻(たいま)または大麻草(たいまそう)とも呼ばれる。伊勢神宮の神札を大麻と呼ぶ由来となった植物であり、神道とも深い歴史的な関わりを持っている。 第二次世界大戦の終戦前までは、日本では米と並んで作付け量を指定されて盛んに栽培されていた主要農作物。古来から日本で栽培されてきたものは麻薬成分をほとんど含まない。4か月で4メートルの背丈になるほど成長が早く、茎などから繊維が得られ、実は食用となるほか、ディーゼルエンジンなどに使用できる化石燃料よりも低公害の油を得ることもできるなど利用価値が高い。大豆に匹敵する高い栄養価を持つ実を食用として料理に使うことは違法ではないが、国内では許可なく育てることはできないため、食用の種子は輸入に頼っている。法律で規制される麻薬と、その他の活用方法の混同を避ける意図からヘンプと呼ばれることもある。 この植物のなかでも、麻薬成分を多く含む品種の葉及び花冠を乾燥または樹脂化、液体化させたものを特に大麻(マリファナ)と呼ぶことがある。

概要 (Wikipediaから引用)

尾(お)、別名尻尾(しっぽ)、尾っぽ(おっぽ)は動物の後部(頭の反対側)である。英語ではtail。特にはっきりとしたしなやかな、体幹の後方部分のことをいう。生物学的なものと、一般的なものでは異なる場合が多々ある。 尾(び)は、魚やエビを数えるのに使用する助数詞。一尾、二尾、……。本項では 1. について記載する。 尾とは、動物一般において、体の後端付近が細長くなっているものを指す。基本的には脊椎動物のものをこう呼び、それ以外の動物ではそれに似て見えるものを類推的にこう呼ぶ、といったところである。 脊椎動物のうち、四肢動物においては後肢の付け根に肛門が開き、いわゆる内臓はそれより前に収まる。従ってそれより後方は脊椎骨とそれを取り巻く筋肉からなり、それ以前の部分より遙かに単純である。形態的にもそれ以前の部分より細くなって区別できることが多いため、これを区別したものが尾部である。哺乳類と鳥類では仙骨及び尾骨及び周囲の筋肉と皮膚、場合により毛、羽毛または鱗に覆われている。尾は移動(魚類など)、バランス(ネコなど)、把握(サルなど)、社会的シグナル(イヌなど)に使われる。

概要 (Wikipediaから引用)

『カラムシ』より : カラムシ生物の分類 分類界:植物界 Plantae門:被子植物門 Angiospermae綱:双子葉植物 双子葉植物綱(モクレン綱)Dicotyledoneae亜綱:マンサク亜綱 Hamamelidae目:イラクサ目 Urticales科:イラクサ科 Urticaceae属:カラムシ属 ”Boehmeria”種:カラムシ ”B.nivea””Boehmeria nivea”w:Ramie Ramieカラムシ(苧、苧麻、学名”Boehmeria nivea”)は、イラクサ目・イラクサ科の多年生植物。南アジアから日本を含む東アジア地域まで広く分布し、古来から植物繊維をとるために栽培されてきた。同様に繊維をとるために栽培されるラミー ”B. nivea” var. ”candicans”はカラムシの変種である。

概要 (Wikipediaから引用)

小(こ、しょう) 形、数量、様相、功績などが、標準や同種の平均的な物に満たない物。対義語は大。 形や数量 形や数量などが、外の同種の標準的な物に満たない物。接頭辞として用いられる。 用例:「小人(こびと)」「小犬座」 千円紙幣を意味する俗語。(五千円が"中"、一万円が"大") 小学校の略。接尾辞として用いる。 小の月。→月 (暦)、月の大小 小便。→尿 歴史的に同姓同名で血縁関係を有する人物を区別する際に、年少者や二世を「小○○ (minor ○○)」と呼称する。例として、チャタム伯ウィリアム・ピットの息子であるウィリアム・ピットは「小ピット」と呼ばれている。 親族では、自分と同世代に位置する人物を「小」を付けて示す。例えば、配偶者の姉妹を「小姑」という。→続柄 功績の小さい人物や、ありふれた人物を「小 (mediocre)」と表現する。謙称としても使用される。用例:「小人物」「小器」「小官」「小人(しょうじん)」 その他 漢字の部首の一つ。

おる

概要 (Wikipediaから引用)

『おるちゅばんエビちゅ』は、伊藤理佐による日本の4コマ漫画作品、および同作を原作としたアニメ作品。 1990年から主婦と生活社の『ギガ/Shan』で連載が開始された。その後、双葉社の『アクションピザッツ』に移動、2007年9月19日号にて最終回を迎えた。単行本は主婦と生活社時代の作品も含め、『ぱあふぇくと版 おるちゅばんエビちゅ』として全15巻が出版されている。 内容 主人公はエビちゅ。ハムスターの雌。独身OLであるご主人ちゃまが1030円(1000円 + 消費税が30円。連載開始当初は消費税が3%だったが、1997年4月に5%に変更されたため、1999年の作品であるアニメ版では1050円に変更されている)で購入し、アパートで一緒に暮らしている。ご主人ちゃまの恋人はかいしょなちというサラリーマン。物語が進行して同棲するようになる。この三者の日々の生活が、物語の基本構造になっている。愛らしいキャラクターが、「まんこ」を連呼する。 登場人物 メインキャラクター エビちゅ 主人公。

居る

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

織る

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

折る

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

概要 (Wikipediaから引用)

『東京大学』より : 東京大学の建造物(とうきょうだいがくのけんぞうぶつ)では、東京大学の敷地内にある建造物について解説している。 日本で初めて設立された近代的な大学である東京大学には、明治以降の日本における教育史を象徴する数多くの建造物が関東大震災や東京大空襲などによる被害から免れ、残存している。そのため、重要文化財や登録有形文化財となっている建築物も多い。さらに指定までは受けていないものの建築関係者に評価の高い建物などもある。本記事では、重要文化財や登録有形文化財となっている建築物を中心に東京大学のキャンパス内に現存している、もしくはしていた建造物に関して歴史的意義などをふまえながら解説をしている。 本郷地区キャンパスの建造物 本郷キャンパス 本郷キャンパスには歴史のある建物が多く、東京都の登録有形文化財第1号である安田講堂をはじめ、正門(横にある門衛所も含む)、法文1号館、法文2号館、法学部3号館、工学部列品館、工学部1号館が登録有形文化財に登録されている。

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。